徳林庵 臨済宗南禅寺派(山科廻地蔵 山科地蔵 四ノ宮地蔵)

内容概要

南禅寺第260世住職の雲英正怡禅師によって1550年に創建された、臨済宗南禅寺派、山号を柳谷山というお寺です。

【正式名称】
徳林庵 臨済宗南禅寺派(とくりんあん りんざいしゅうなんぜんじは)
【通称名称】
山科廻地蔵 山科地蔵 四ノ宮地蔵(やましなめぐりじぞう やましなじぞう しのみやじぞう)
【住所】
京都市山科区四ノ宮泉水町16
【電話番号】
075-583-0353
【FAX】
075-583-0353
地図表示
交通案内 京阪四ノ宮駅より西へ徒歩5分。JR山科・地下鉄山科より東へ徒歩10分。名神高速京都東インターより車で5分。
駐車場情報 境内に3台は駐車可能
車椅子による見学 地蔵堂拝殿までは段がありません。事情により地蔵堂扉を開放しますのでご相談下さい。
見学所要時間 約10分
休日・休館 特にないが住職不在の時もあるので、御札購入、朱印拝受の場合電話での予約をすれば確実。地蔵堂は扉越しに参拝できる。(終日)
料金 なし
予約方法 法要、御祈祷、御札、朱印拝受等は電話又は手紙にてご予約下さい。できるだけ対応いたします。
備考 ただし8月22午前0時から、23日午後10時まで開堂の上参拝できます。

関連情報

徳林庵 地蔵菩薩像 852年、小野篁公(おののたかむら)が木幡山の桜の大木で作った京六地蔵尊の中のひとつです。3メートル弱の身の丈を持つ尊像は当時の作風をよく伝えています。近年の文化財調査も制作年代の伝...
徳林庵 蝉丸・人康親王供養塔 南北朝時代の珍しい宝篋印塔です。人康親王は仁明天皇(810~850)の第四の宮様です。平安時代より琵琶法師達が当地に集まり二月に人康親王、六月にその母の橘嘉智子の供養をしたのは、親王自...
徳林庵 六角堂 現在の六角堂は江戸時代の作で山科廻地蔵を安置しています。はじめ伏見六地蔵にあった六地蔵尊像は、後白河天皇の信仰を受け、平清盛・西光法師らの手により、厄病退散、都往来の路上安全、...
徳林庵 井戸 運送往来の牛馬の水飲場として使われていました。その石組には、「文政四巳年六月吉日、大阪 名古屋 金沢 奥州 上州 宰領中」という文字が刻まれ、当時の往来のにぎやかな様子を想像で...
徳林庵 茶所 運送往来・参拝の人々に茶をふるまった茶釜が、またその奥には鎌倉時代の作と思われる四体石仏が安置されています。

周辺情報

諸羽神社  天孫降臨(てんそんこうりん)の神話の中で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の左右に従った天児屋根命(あめのこやねのみこと)と天太玉命(あめのふとだまのみこと)を祀るところから、兩羽(もろは)...
山科地蔵と徳林庵  山科地蔵は小野篁(おののたかむら)公により852年に作られた六体の地蔵尊像のうちの一体で、初め伏見六地蔵の地にあった。後白河天皇は、都の守護、都往来の安全、庶民の利益結縁を願い...
十禅寺 楊柳山と号する本山修験宗、聖護院門跡の末寺である。 平安時代の八五九年、仁明天皇の第四の宮、人康親王を開山として創建され、この辺りが「四の宮」と呼ばれる所以となったといわれている...
諸羽神社 祭神は天児屋根命、天太玉命など、六柱。貞観4年(862年)、清和天皇の勅により、社殿が造営され両羽大明神と称せられた。その後、両羽の文字も諸羽と改称された。社殿は応仁の兵火で、その...
揚柳山 十禅寺 人康親王の山荘に聖観音像を本尊として創建された寺院。人康親王像が安置されています。拝観については要予約。
神幸祭 10月第3日曜、諸羽神社。神輿2基が氏子町内を巡幸する。また、琴の演奏、野点、生花展示などが催される。JR、地下鉄東西線、京阪電車京津線、京阪バスの各山科駅及び京阪電車京津線四宮駅よ...