勝持寺

内容概要

西京区大原野南春日町。“花の寺”とも呼ばれ、境内に約100本の桜がある。1140年(保延6)この寺で出家した西行法師が植たといわれ、鐘楼の傍らに銘木「西行桜」がある。開創は白凰時代(672 -686・天武天皇1-15)に役行者、あるいは延暦年間(782ー806)に最澄とする説がある。天台宗。

【正式名称】
勝持寺(しょうじじ)
【住所】
京都市西京区大原野南春日町1194
【電話番号】
075-331-0601
【FAX】
075-331-0664
地図表示
交通案内 阪急東向日から阪急バス南春日町下車(終点)徒歩20分
駐車場情報 マイクロ・自家用車
20台
大型バス不可
車椅子による見学 境内のみ可
拝観・開館時間 9:00~16:30
見学所要時間 約30分
休日・休館 2月は要予約
料金 大人 400円
中高生 300円
小人 200円
予約方法 不要

観光ルート情報

大原野界隈 大伴家持が、‘大原や せがいの水を 手にむすび 鳥は鳴くとも 遊びてゆかん’と詠んだ大原野。まだ朝もやのかかる中を、南春日町バス停から西へ歩くと、奈良春日大社から勧請された大原野...
季節の花美しい山寺を歩く 大原野神社参道付近は紅葉や桜が、鯉沢の池にはかきつばたや睡蓮の花が美しい。花の寺こと勝持寺には西行桜他、数百本の桜が。正法寺は動物に見立てた石を配した鳥獣の石庭で有名。金蔵寺の...
西行ゆかりの地をたどる 法金剛院-勝持寺(花の寺)-西行庵-双林寺法金剛院は西行の「永遠の女性」待賢門院が最後に住んだところで、西行もよく訪れていたという。出家した西行が住んだという勝持寺には西行桜、...

周辺情報

大原野神社  祭神として、奈良の春日大社と同じ建甕槌命(たけみかづちのみこと)、経津主命(ふつぬしのみこと)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、比売大神(ひめのおおかみ)の四大明神を祀っ...
勝持寺(花の寺)  小塩山(おしおざん)と号する天台宗の寺で、通称、花の寺と呼ばれている。

 寺伝によれば、白鳳8年(680)に役小角(えんのおづね)が、天武天皇の勅により創建し、その後の延暦1...
正法寺 真言宗東寺派に属する。寺伝によれば、天平勝宝六年(七五四)鑑真和上とともに唐から来朝した智威大徳の修禅の地で、春日禅坊と称したといい、また、延暦の頃、伝教大使が智威大徳のため、...
大原野神社 桓武帝が長岡京遷都のさい皇后の氏神、奈良の春日明神をここに分祀したのが起こり。850年(嘉祥3)には社殿が造営され、春日造りの丹塗りの壮麗な本殿、猿沢池を模した鯉沢池も造られた。方...
正法寺<西京区> 鑑真の高弟智威大徳の修行の地を最澄が寺にした。宝生殿の大黒天は足が動いているようにみえることから‘走り大黒’と呼ばれる。動物の形をした石200トンを集めた庭があり「石の寺」で有名。珍...
大原野神社例祭 4月8日、大原野神社。春の例祭で、大原野産のたけのこの初堀りを神前に供えて国家安泰を祈る祭典が営まれる。この時期は境内にある100本の桜が満開になる。阪急バス/南春日町、徒歩8分。問合...
御田刈祭 9月第2日曜、大原野神社。御田刈祭神事の後、少年横綱土俵入奉納や、神力士が清めの塩を半紙に包んだものを口にくわえ、四本柱を酒で清めて相撲をとる神相撲神事が行われる。また、地域の小...
宝菩提院願徳寺 地図に載っていない京都一小さな拝観寺院。凛とした観音様がおられます。本尊は国宝の如意輪観世音半跏像です。ホームページ http://www.gantoku.or.jp
大原野神社 瀬和井 名水の一つ。参道途中にある。「伊勢物語」「古今和歌集」に詠われた。清和天皇の産湯に使われたと伝わる。
勝持寺 鏡石 通称「花の寺」。不動堂の前にあり、その傍らには「西行姿見ノ池」という小池がある。鏡石は光沢があり、西行が剃髪に用いたものと伝える。天台宗。
正法寺庭園<西京区> 西京区大原野の正法寺の池の側には樹齢80年の見事な紅枝垂桜。室生殿前に広がる石庭には全国各地から収集し、動物の形に見立てた石が配されている。