金蔵寺

内容概要

718年(養老2)元正天皇の勅願で創建された天台宗の古刹。現在の建物は桂昌院の再建。山の斜面、石垣と石段の間に堂宇が建ち並ぶ。高さ約12メートルの産(さん)の滝、鳥帽子岩、影向松などがあり、眺めもすばらしい。
建立:718(養老2)年

【正式名称】
金蔵寺(こんぞうじ)
【住所】
西京区大原野石作町
【電話番号】
075-331-0023
地図表示
交通案内 阪急バス 南春日町/灰方下車
京都交通バス 長峰下車
駐車場情報 自家用車20台分 無料
道路一部危険箇所あり
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 8:00~17:00
見学所要時間 約30分
料金 志納

観光ルート情報

季節の花美しい山寺を歩く 大原野神社参道付近は紅葉や桜が、鯉沢の池にはかきつばたや睡蓮の花が美しい。花の寺こと勝持寺には西行桜他、数百本の桜が。正法寺は動物に見立てた石を配した鳥獣の石庭で有名。金蔵寺の...

周辺情報

金蔵寺  山号を西岩倉山と号し、天台宗に属する。寺伝によれば、養老二年(718)、元正天皇の勅によって隆豊禅師が開創し、聖武天皇は勅額を賜り経典を書写して埋めたといわれ、桓武天皇は平安...
大般若経転読会 1月3日、金蔵寺。11時より本堂において部内寺院僧侶出仕のもと厳修。山内安穏・檀信徒轉禍招福を祈願する。