龍安寺(大雲山 龍安寺)

内容概要

臨済宗妙心寺派。1450年(宝徳2)細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受け、妙心寺の義天和尚を開山とし禅寺に改めた。石庭として有名な方丈庭園(史跡・特別名勝)は三方を築地塀に囲まれた枯山水の平庭で、「虎の児渡しの庭」とも呼ばれる。白砂に15個の石を配した名庭。方丈の東庭には龍安寺垣があり、その横に秀吉が賞賛したと伝わる侘助椿がある。また、その東庭を隔てた東北隅にあるのが茶室「蔵六庵」である。1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。

ホームページ http://www.ryoanji.jp/

【正式名称】
龍安寺(りょうあんじ)
【通称名称】
大雲山 龍安寺(だいうんざん りょうあんじ)
【住所】
右京区龍安寺御陵下町13
【電話番号】
075-463-2216
【FAX】
075-463-2218
地図表示
交通案内 京福電車 龍安寺下車 徒歩約8分/市バス・JRバス 竜安寺下車 徒歩約1分
駐車場情報 バス20台分  自家用車80台
(石庭拝観者に限り1時間無料)
車椅子による見学 不可(建物内)
事前に問合せ下さい。
拝観・開館時間 8:00~17:00
見学所要時間 約40分
休日・休館 無休
料金     一般 障害者割引
大人  500円  300円
大学生 500円  300円
高校生 500円  300円
中学生 300円  200円
小学生 300円  200円
介添えの方1名割引有
予約方法 予約なし
備考 入場開始:12~2月は8:30
施設終了:12~2月は16:30

観光ルート情報

御室から衣笠へ 仁和寺の二王門を入ると、左手に仁和寺御殿、右手に五重塔が望める。宸殿から庭を望めば白砂と池が明るく伸びやかなコントラストをかもし出し、はるか遠くに五重塔の相輪が木々の中に見え隠...
きぬかけの路を歩く2:等持院~仁和寺A その昔、宇多天皇が初夏に雪景色を見たいと衣笠山に絹をかけたという伝承にちなむ路。足利氏の菩提所である等持院をはじめ、石庭が有名な龍安寺、5体の石仏が並ぶ蓮華寺、門跡寺院らしい優...
きぬかけの路を歩く2:等持院~仁和寺B その昔、宇多天皇が初夏に雪景色を見たいと衣笠山に絹をかけたという伝承にちなむ路。足利氏の菩提所である等持院をはじめ、石庭が有名な龍安寺、5体の石仏が並ぶ蓮華寺、門跡寺院らしい優...
花の寺をめぐる<梅>2A 菅原道真ゆかりの北野天満宮。敷地内に梅苑があり、梅の名所としても知られている。道真の月命日である2月25日には、梅の花を神前に供え、梅花祭が行われる。龍安寺の梅も趣がある。有名な石...
花の寺をめぐる<梅>2B 菅原道真ゆかりの北野天満宮。敷地内に梅苑があり、梅の名所としても知られている。道真の月命日である2月25日には、梅の花を神前に供え、梅花祭が行われる。龍安寺の梅も趣がある。有名な石...
花の寺をめぐる<梅>2C 菅原道真ゆかりの北野天満宮。敷地内に梅苑があり、梅の名所としても知られている。道真の月命日である2月25日には、梅の花を神前に供え、梅花祭が行われる。龍安寺の梅も趣がある。有名な石...
花の寺をめぐる<椿>1A 足利義満が築いた金閣寺こと鹿苑寺はまさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式庭...
花の寺をめぐる<椿>1B 足利義満が築いた金閣寺こと鹿苑寺はまさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式庭...
花の寺をめぐる<椿>1C 足利義満が築いた金閣寺こと鹿苑寺はまさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式庭...
嵯峨・嵐山と石庭 龍安寺 ◎定期観光バスコース(C)●案内箇所(順不同)天龍寺と嵐山自由散策(約140分)、大覚寺、仁和寺、龍安寺●のりばと発車時間JR京都駅 烏丸口(所要時間約6時間~6時間半)10:30 〃 ...
花の寺をめぐる<侘びすけ>2A 金閣寺こと鹿苑寺は足利義満が築いた、まさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式...
花の寺をめぐる<侘びすけ>2B 金閣寺こと鹿苑寺は足利義満が築いた、まさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式...
花の寺をめぐる<侘びすけ>2C 金閣寺こと鹿苑寺は足利義満が築いた、まさに京都観光のシンボル。鏡湖池をとりまく庭園には椿をはじめ、季節の花々が咲き乱れる。龍安寺では、杉や苔が覆う境内の庭や、広々した池泉回遊式...

周辺情報

御室の桜(名勝)   仁和寺や足もとよりぞ花の雲 春泥

  ねぶたさの春は御室の花よりぞ 蕪村

 など古来和歌や俳句にうたわれた御室の桜は、里桜を主とし、車返し、有明など白色系のものが約200本...
龍安寺  臨済宗妙心寺派に属する。もと徳大寺家の別荘であったが、宝徳2年(1450)に細川勝元が譲り受け、義天玄承(ぎてんげんしょう)を請じて禅院とし、義天はその師日峰宗舜(にっぽうそ...
転法輪寺  獅子吼(ししく)山と号し、浄土宗地恩院派に属する。宝暦8年(1758)、僧関通(かんつう)が北野下ノ森に創建した。この地には、昭和4年に移転した。関通は尾張国(愛知県の生れ)...
仁和寺 真言宗御室派総本山。886年(仁和2)、光孝天皇の勅願により創建、888年(仁和4)に完成。年号を寺名とした。宇多天皇が落髪入寺し寺内に御室(御座所)を設け、御室御所とも呼ばれた。以後...
轉法輪寺 本尊は阿弥陀如来、座像で約7メートルの大仏様である。開基は「関通上人」。江戸時代の僧で、江戸・増上寺での修行を終え、尾張へ帰国の途中、箱根の関で「この世間も南無阿弥陀仏という‘手...
土砂加持法要 光明真言を唱え加持した土砂の高力によって滅罪、都暗く等を得る法要。平成28年度は、3月6日非公開文化財の国宝金堂にて執り行う。市バス/御室仁和寺、徒歩すぐ。問合先:仁和寺075-461-1155。
仁和寺 菅公腰掛石 仁和寺御影堂の水掛不動の堂内にある岩石で、菅公(菅原道真)が大宰府左遷が決せられたとき、宇多法皇に訴えるため御室を訪ねるが、あいにく法皇はながい勤行中で、焦る心を抱きながらこの...
龍安寺庭園 龍安寺の有名な石庭には、一面に敷かれた白砂の上に絶妙のバランスをもって配された大小15個の石。限られた空間に無限の広がりを感じる枯山水の神髄。ホームページ http://.www.ryoanji.jp