三宅八幡宮(虫八幡)

内容概要

推古朝の遣隨使小野妹子が宇佐八幡を現在地に勧請したのが始まり。応神天皇を祭る。社殿は応仁の乱(1467-77)で焼失したが明治期に本殿、拝殿、社務所を造営。子供の守り神。例祭9月15日。
建立:推古天皇時代
絵馬堂、及拝殿に嘉永以後明治に奉納された当時を偲ぶ絵馬が多数あり。絵馬153枚のうち124枚が平成21年1月16日に国の重要有形民俗文化財の指定を受けた。

【正式名称】
三宅八幡宮(みやけはちまんぐう)
【通称名称】
虫八幡(むしはちまん)
【住所】
左京区上高野三宅町22
【電話番号】
075-781-5003
【FAX】
075-781-5003
地図表示
交通案内 叡山電車 八幡前/三宅八幡下車地下鉄国際会館駅下車 京都バス又は徒歩約20分
駐車場情報 マイクロバス4台分無料
自家用車 30台分無料
車椅子による見学 介添必要
拝観・開館時間 10:00~15:00
休日・休館 無休
料金 300円

観光ルート情報

宝ヶ池しっとり散歩コース 石川丈山作の池泉回遊式庭園があり、全体的にしっとりとした情緒が漂う蓮華寺から、北白川へ歩いてぬけるコース。三宅八幡宮は厄除け、開運、延命長寿などのご利益で有名。

周辺情報

三宅八幡神社  この辺りは古くは小野郷と呼ばれ、小野氏の居住する地域であった。  社伝によると、推古天皇の時代、小野妹子が遣隋使として筑紫を過ぎる時、病に罹ったので宇佐八幡に祈願をこめたとこ...