松尾大社

内容概要

渡来人秦氏が一族の氏神として信仰した古い社。大山咋神・市杵島姫命を祭り、境内に霊亀ノ滝、亀ノ井の名水があり、酒造家の信仰が厚い。室町初期の作で松尾造といわれる本殿(重文)ほか拝殿、釣殿、楼門など社殿が多く、等身大の神像(重文)は平安初期の作。4月20日以降初めての日曜の「神幸祭」は1000年の歴史を持つ祭礼。この祭では七条通の桂大橋上流付近で舟渡御(川渡り)を行うのが圧巻。桂離宮の対岸の河原斎場で神輿が6基そろって祭典を行う。川原は見物客であふれる。
初めての本殿建立:大宝元年(西暦701)


松尾大社ホームページアドレス
http://www.matsunoo.or.jp/

【正式名称】
松尾大社(まつのおたいしゃ)
【住所】
西京区嵐山宮町3
【電話番号】
075-871-5016
【FAX】
075-871-3434
地図表示
交通案内 阪急電車嵐山線 松尾大社駅下車 徒歩約3分
市バス/京都バス 松尾大社前下車 徒歩約3分
駐車場情報 バス10台分 無料
自家用車100台分 無料
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 5:00~18:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 無休
料金   
備考 受付終了:16:00
閉門 18:00

観光ルート情報

松尾大社界隈 松尾大社界隈には、梅津、松尾、葉室という昔からの地名があり、山裾沿いに寺社が散在し、東海自然歩道ともなっている。梅津の梅宮大社と松尾大社は、共に洛西屈指の古社で酒造の神としても...
竹林の里・松尾を訪ねて 山裾を縫うように竹林の美しい松尾の里を歩く。安産の神様・梅宮大社や酒造の神様・松尾大社をはじめ、鈴虫寺として知られる華厳寺や苔寺・西芳寺(要申し込み)、竹の寺と呼ばれる地蔵院な...

関連情報

松尾大社 本殿 松尾大社にある室町時代建築の重要文化財建造物。応永4年(1397)の建造で天文11年(1542)大修理を施したもので、両流造りではあるが、普通のものと違い、切妻造りに似た建築で...
松尾大社 木造神像男神坐像 松尾大社にある平安時代作の重要文化財彫刻。2体。同大社の女神坐像とともに日本神像彫刻の遺品中で最古のものといわれている。常時公開…神像館現在21体の神像を公開。
松尾大社 木造神像女神坐像 松尾大社にある平安時代作の重要文化財彫刻。同大社の男神坐像とともに日本神像彫刻の遺品中で最古のものといわれている。常時公開…神像館
松尾大社松風苑 松尾大社の庭園は、重森三玲の手になる現代の庭で、上古の庭は古代の神の依り代である磐座を再現する試み。ほかに、遣水を主体とした曲水の庭、池泉様式の蓬莱の庭。

周辺情報

松尾大社  大山咋神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の二神を祀る。

 大宝元年(701)秦忌寸都理(はたのいみきとり)が、松尾山大杉谷の磐座(いわくら)の神霊...
八朔祭 9月第1日曜、松尾大社。二百十日前後の時期は、農作物、特に稲作には大切な時期でもある。そこで自然災害のないよう神に祈る行事。奉納大相撲もこの日に行われるが、これは上賀茂の神にお目...
御田祭 7月第3日曜午前10時、松尾大社。古式により氏子地区3所(下津林、松尾 嵐山)から10歳前後の植女(うえめ)が奉仕する。植女は古代の服装で壮夫(そうふ)の肩に乗り、拝殿を3周する。この...
大祓 6月30日、松尾大社。楼門と赤鳥居の中ほどに設けられた茅の輪をくぐり過去半年の罪・穢れを払い息災を祈る。市バス/松尾大社前、徒歩2分。問合先:松尾大社075-871-5016。見学自由。
松尾大社松風苑 松尾大社の庭園は、重森三玲の手になる現代の庭で、上古の庭は古代の神の依り代である磐座を再現する試み。ほかに、遣水を主体とした曲水の庭、池泉様式の蓬莱の庭。
松尾大社お酒の資料館 ・展示-酒ができるまでの行程をわかりやすく解説し、古くから伝わる酒造道具の展示をはじめ、また現代全国各地の一流の陶芸家によるさまざまな窯の酒器やお酒に関する展示。又、季節に応じ...
染匠 よしかわ 京都には友禅をはじめ、昔から色々な伝統工芸があるが、その中で絞り染めは着物製作の一過程として広く使用されている。こちらではハンカチを使って絞り染めが体験できる。染色経験を積んだ...