法然院

内容概要

法然が弟子住蓮・安楽とともに六時礼讃を勤めた旧跡で、1680年(延宝8)知恩院第38代門主万無上人が再興した。浄土宗系単立寺院。方丈の襖絵(重文)は、狩野光信筆。境内には池泉と砂盛があり、善気水が湧く。墓地には谷崎潤一郎や河上肇ら著名人の墓が多い。(非公開。春秋(4月1日~7日、11月1日~7日)に特別公開)
建立:1681(江戸時代)年5月

【正式名称】
法然院(ほうねんいん)
【住所】
左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
【電話番号】
075-771-2420
【FAX】
075-752-1083
地図表示
交通案内 市バス 錦林車庫前下車 徒歩約10分
駐車場情報 なし
車椅子による見学 可。(前庭のみ)
休日・休館 なし

観光ルート情報

法然縁の地を訪ねて1A 法然院は浄土宗を開いた法然が六時礼賛を始めた旧所で近くにある安楽寺は念仏道場で流されるきっかけとなった場所でもある。金戒光明寺は比叡山の黒谷青龍寺での修行を終えた法然が草庵を結...
法然縁の地を訪ねて1B 法然院は浄土宗を開いた法然が六時礼賛を始めた旧所で近くにある安楽寺は念仏道場で流されるきっかけとなった場所でもある。金戒光明寺は比叡山の黒谷青龍寺での修行を終えた法然が草庵を結...
法然縁の地を訪ねて1C 法然院は浄土宗を開いた法然が六時礼賛を始めた旧所で近くにある安楽寺は念仏道場で流されるきっかけとなった場所でもある。金戒光明寺は比叡山の黒谷青龍寺での修行を終えた法然が草庵を結...
著名人の墓をめぐる 法然院には谷崎潤一郎や九鬼周造河上肇、黒谷墓地では会津藩士や著名人の墓、真如堂には斉藤利三(娘は春日局)や芭蕉の門下、向井去来の墓等がある。
平安神宮から哲学の道へ 哲学の道、このアカデミックな名前に魅せられてここを訪れた人も多いことであろう。この道は若王子橋より銀閣寺橋に至る疏水沿いの小径をいい、西田幾多郎や河上肇などの哲学者がしばしばこ...
哲学の道を南に下る寺社巡りコースA 慈照寺(銀閣寺)から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を南に下る寺社巡りコースB 慈照寺(銀閣寺)から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を南に下るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を北に上る社寺巡りコースA 霊鑑寺から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を北に上るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
哲学の道を北に上る社寺巡りコースB 霊鑑寺から琵琶湖疏水沿いの哲学の道を北に上るコース。霊鑑寺は椿の名所として名高いが特別拝観以外は門は閉ざされているので要注意。
竹内勝太郎ゆかりの地をたどる 南禅寺-永観堂-哲学の道-法然院-浄土寺-銀閣寺南禅寺から銀閣寺に至る閑寂で緑豊かな洛東の山麓かいわいを愛した文人・学者は多い。竹内勝太郎も岡崎天王町、法然院と居を移し、浄土寺...

周辺情報

浄土院  清泰(せいたい)山と号する浄土宗知恩院派の寺である。  この地には、もと、浄土寺と呼ばれた天台宗の寺院があったが、文明14年(1482)、東山殿(後の銀閣寺)造営に際し、相国...
安楽寺  住蓮(じゅうれん)山と号し、浄土宗の寺院である。

 鎌倉時代の初め、現在地より東1キロメートルばかりのところに、法然上人の弟子住蓮房・安楽房二僧が念仏道場を建てて人々に念仏を...
法然院  善気山万無(ぜんきさんばんぶ)教寺と号し、浄土宗捨世派の本山である。

 この地はもと法然上人が弟子の住蓮、安楽と六時礼賛(ろくじらいさん))を勤めた旧跡で、寛永年間(1624...
霊艦寺(谷御所)  円成山と号し、臨済宗南禅寺派の禅尼寺である。

 承応3年(1654)後水尾(ごみずのお)上皇が円成寺址に、皇女浄法身院宮宗澄尼(じょうほっしんいんのみやしゅうちょうに)を開基...
慈照寺(銀閣寺)  東山(とうざん)と号する臨済宗相国寺派の寺で、足利将軍義政の隠居所東山殿を遺命によって寺としたものである。  東山殿は、文明14年(1482)から建設を進め、東山文化の粋をつ...
安楽寺 法然の念仏道場。後鳥羽上皇の女御松虫と鈴虫が、法然の弟子住蓮と安楽の説法に感化され、ひそかに出家して上皇の怒りをかい、二僧は断罪に、法然も流された。寺は二僧の菩提を弔うため1681...
カボチャ供養 7月25日、安楽寺。同寺の開山・真空上人が夢で「夏の土用に鹿ヶ谷カボチャを食べると中風にかからない」とのお告げを受けたのが始まりとされている。当日、参拝者にはカボチャがふるまわれ、...
慈照寺 臨済宗相国寺派。1482年(文明14)足利義政が営んだ山荘東山殿を寺に改めた。1489年(延徳元3)に上棟した銀閣(国宝)は宝形造り二層の楼閣。上層は潮音閣。下層は心空殿。庭の北にある東求...
浄土院<左京区> 如意ヶ嶽(大文寺山)の送り火を管理する寺で1722年(享保7)の建立。天台宗浄土寺が応仁の乱で焼け、跡地に足利義政が東山殿を造営、のち慈照寺(銀閣寺)となるが、これとは別に浄土寺の名...
霊鑑寺 臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として創建。谷御所、鹿ヶ谷比丘尼御所ともいう。御所人形200点など皇室ゆかりの寺宝が多い。石組に特徴のある江戸時代中...
八神社 高御産日神、神産日神、他6柱を祀る。由緒等詳細は不明だが、ご創建は大同年間(806~810)とも延喜年間(901~923)とも伝えられる。浄土寺や銀閣寺の鎮守社であり、地域一帯の産土神として...
哲学の道 東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。春は...
白沙村荘 日本画家・橋本関雪が造営した「白沙村荘」と同画伯の作品およびコレクションを公開している。 昨年9月に開館した美術館では、関雪の作品とあわせてスケッチや下絵の他、関雪が収集したギリ...
俊寛山荘跡 左京区鹿ケ谷霊鑑寺の東方山中。平安末期、法勝寺の執行俊寛僧都が平家の横暴に憤慨し、同志とひそかにクーデターの策を練った山荘跡。ゆえにこの付近を談合谷ともいう。密告により計画が発...
銀閣寺 夢窓疎石坐禅石 1490年(延徳2)に亡くなった足利義政の遺言により、東山山荘を寺となし、夢窓国師を勧請開山とし、義政公の法号「慈照院殿」にちなんで慈照寺と号した。錦鏡池の白鶴島の西手前に坐禅石が浮...
安楽寺庭園 安楽寺の侘びた風情の茅葺きの山門をくぐると、庭いっぱいに皐月の刈込が施されている。ピンクと緑の鮮やかなコントラストに息をのむ。
慈照寺庭園 慈照寺(銀閣寺)の庭園は、方丈前の白砂で造られた銀沙灘と向月台が美しい池泉廻遊式の庭園。東西に広がる錦鏡池は西に国宝銀閣(観音殿)東北に国宝東求堂が立つ。
法然院庭園 法然院の前庭にある白砂壇上には水の紋様が描かれている。本堂北側の方丈庭園には京の名水として名高い清水「善気水」が湧出。
霊鑑寺庭園 霊鑑寺の庭園は杉苔が地面を覆い、立石を多く用いた大胆な石組の庭に、多種に及ぶ珍しい椿の花が優雅な風情を。般若寺形燈籠も目を引く。