高山寺<右京区栂尾>(栂尾山 高山寺)

内容概要

774年(宝亀5)の開創。明恵上人が後鳥羽上皇の帰依を得て再建。栄西禅師から贈られた茶をわが国で初めて植えたことで知られる。国宝石水院は、鎌倉時代初期の寝殿造りの面影を残す貴重な遺構。鳥獣戯画4巻(国宝)など、洛西における文化財の宝庫。紅葉の名所。単立寺院。1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。
建立:774(宝亀5)年頃

【正式名称】
高山寺<右京区栂尾>(こうさんじ)
【通称名称】
栂尾山 高山寺(とがのをさん こうさんじ)
【住所】
右京区梅ケ畑栂尾町8
【電話番号】
075-861-4204
【FAX】
075-865-1848
地図表示
交通案内 JRバス 栂ノ尾下車 徒歩約3分
駐車場情報 バス14台,普通車40台
バス2,500円・普通車800円・自動二輪/自転車200円(一日1回につき)
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 8:30~17:00
見学所要時間 約40分
休日・休館 無休
料金 石水院拝観料
一般・中学生以上 600円
小人       300円 6歳以下無料
紅葉時は入山料が必要 500円。
予約方法 団体で抹茶(別料金500円)の場合のみ要予約
備考 受付終了:16:30

観光ルート情報

三尾めぐり 高雄(高尾)は、上流の栂ノ尾・槇ノ尾と合せて三尾と呼ばれ、古来より紅葉の名所として名高い。秋には、清滝川一帯のカエデが紅葉し、行楽客の頬を染めんばかりに色付く。朱塗りの高雄橋を...
紅葉の名勝・三尾ハイクA 紅葉の名所として名高い三尾。趣ある石段の神護寺、巨大な槙の木がそびえ立つ西明寺、「鳥獣人物戯画」が有名な高山寺をたどりながら、紅葉だけでなく新緑も美しい清滝川の風景を楽しめる。
紅葉の名勝・三尾ハイクB 紅葉の名所として名高い三尾。趣ある石段の神護寺、巨大な槙の木がそびえ立つ西明寺、「鳥獣人物戯画」が有名な高山寺をたどりながら、紅葉だけでなく新緑も美しい清滝川の風景を楽しめる。
高浜虚子ゆかりの地をたどる 奥嵯峨-高山寺-三千院-勝林院-宝泉院-寂光院-八瀬小説家を目指したこともある高浜虚子に『時雨をたづねて』という紀行文がある。文字どおり時雨を求めて紅葉の名所を逍遥したもので、...

関連情報

高山寺 石水院(五所堂) 右京区栂尾高山寺にある鎌倉時代建築の国宝建造物。五所堂ともいい、貞応3年(1224)、後鳥羽上皇の賀茂の別院を賜ったものと伝えられる。単層、入母屋造の住宅風建築を、後に正面に向...

周辺情報

西明寺  槙尾(まきお)山と号し、真言宗大覚寺派の準別格本山である。

 弘法大師の弟子智泉が開基し、鎌倉時代建治年中(1275~1277)和泉国槙尾山の自証上人が中興した。

 その後衰...
高山寺  栂尾(とがのを)山と号する真言宗の寺である。  寺伝によれば、宝亀5年(774)光仁天皇の勅願によって開創され、当初、神願寺都賀尾(とがを)坊と称したが、建永元年(1206)後...
西明寺 天長年間(824~834)空海の弟子智泉が開創。平等心王院ともいう。現在の伽藍は1700年(元禄13)桂昌院の帰依により再建。本尊釈迦如来像(重文)は高さ51センチの小像で、高山寺明恵上人の...
もみぢ家 本館 高雄山荘 ・室数15室(和室11室)(和洋室4室)・宿泊料金(1泊2食・税別・サービス料込)バス付個人  最低15,000円~最高28,000円*宿泊料金は、客室の設備・広さ・料理・人数、シーズン・オフシー...