天球院

内容概要

妙心寺塔頭。1631年(寛永8)岡山藩主池田光政が伯母天球院のため建立。開山は江山景巴。本堂(重文)は玄関をつけた大型方丈形式で、江戸時代方丈建築の典型とされている。内部の襖絵と杉戸絵あわせて152面(重文)は、狩野山楽・山雪の作といわれる。禅寺に珍しい金碧画「竹虎図」「梅の遊禽図」などが有名。(非公開)建立:1631(寛永8)年

【正式名称】
天球院(てんきゅういん)
【住所】
右京区花園妙心寺町46
【電話番号】
075-462-9041
地図表示
交通案内 市バス、JRバス妙心寺北門下車徒歩2分
備考 拝観寺院ではない。

関連情報

天球院 方丈障壁画 妙心寺塔頭の天球院にある桃山~江戸時代作の重要文化財絵画。襖絵56面、杉戸絵16枚等合わせて152面あり、狩野山楽、山雪父子の筆と伝えられる。表側は花鳥走獣を主とした金碧画、奥...

周辺情報

願王寺  この辺りは木辻町と云って、平安京の木辻大路から生れた地名である。

 「木辻(きつじ)」と読むところから「橘次(きつじ)」と訛語され、金売りの商人「吉次」に及び、そして「吉次」...
退蔵院  越前(福井県)の豪族波多野重通が、妙心寺三世の無因禅師(むいんぜんじ)を開山として、応永11年(1404)に創建した妙心寺の塔頭(たっちゅう)である。建物はその後再建され、現...
妙心寺  正法山と号し、臨済宗妙心寺派の大本山である。深く禅に帰依された花園法皇が関山慧玄(かんざんえげん)を開山とし、離宮萩原殿を改めて寺とされたのが当寺の起りで、室町初期に一時中断...
麟祥院  当院は臨済宗妙心寺派に所属する。

 徳川3代将軍家光の乳母春日局を開基とする妙心寺の塔頭で、開祖は肥前藩主鍋島勝茂の子碧翁愚完(へきおうぐかん)である。

 正暦年間(990~...
天球院  臨済宗妙心寺派に属する禅寺である。

 当院は、岡山藩主池田光政(みつまさ)兄弟が、大伯母天久院(てんきゅういん)のために、寛永8年(1631)から同12年(1635)にかけ...
桂春院  慶長3年(1558)に美濃の豪族石河壹岐守貞政(いしこいきのかみさだまさ)が桂南和尚(けいなんおしょう)を請じて創建した妙心寺の塔頭の一つで、東海派に属している。  庭園は方丈...
等持院  山号を万年山といい、もと仁和寺の一院であったが、南北朝時代の暦応4年(興国2年・1341)に足利尊氏が夢窓国師を開山として中興し、三条高倉の等持寺の別院とした。延文3年(正平...
春光院  臨済宗妙心寺派に属する。もとは俊巌(しゅんがん)院と称した。  豊臣秀吉の家来で後に松江城主となった堀尾吉晴が、長子金助の菩提を弔うため天正18年(1590)に建立したが、堀...
桂春院 妙心寺塔頭。慶長年間(1596-1615)美濃の豪族石河壱岐守貞政が父の菩提を弔うため、桂南和尚を請じて創建した。庭園(名勝・史跡)は江戸時代の作庭で、方丈南庭、東庭、書院前庭の三つに分...
春光院 妙心寺塔頭。妙心寺本坊の北西にある。1590年(天正18)豊臣三中老のひとり堀尾吉晴が長男金助の菩提を弔うために創建。開祖は妙心寺113世猷景嘉。初め、俊巌院と号したが、堀尾氏断絶後、姻...
大心院 妙心寺塔頭。1492年(明応1)細川政元が景堂和尚を開山として創建。本堂の南庭は‘切石の庭’と呼ばれる。大書院前の‘阿吽(あうん)庭’は枯山水庭園で、白砂、奇岩、苔で竜がまさに天に昇ろう...
退蔵院 妙心寺塔頭。1404年(応永11)波多野出雲守重通が建立。方丈(重文)は慶長年間(1596-1615)の建立。庭園(名勝・史跡)は、狩野元信の作と伝え、回遊式に観賞式を加味した枯山水の優美な名...
東林院・梵燈のあかりに親しむ会 妙心寺山内。住職手作りのあかり瓦「梵燈」による夜間特別拝観「梵燈のあかりに親しむ会」が10月7日~16日まで行われる。ろうそく400余本のあかりが織り成す幻想の世界の中で,心静かに自分...
東林院・精進料理を体験する会 妙心寺山内。「誰にでもできる精進料理」。その調理を実際に体験し、そして庭園を眺めながら昼食を共に自ら作った精進料理を試食する。住職の指導により簡単な精進の手料理を2~3品作る体験...
東林院・沙羅の花を愛でる会 妙心寺山内。本堂前庭は、十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」で、見頃になると青苔に落花の風情が楽しめる。6月15日から30日まで「沙羅の花を愛でる会」で特別公開され、お抹茶と精進料理が...
妙心寺 全国に3400の寺院を持つ臨済宗妙心寺派の大本山。1337(建武4)年花園法皇が関山慧玄を招いて開山。この地にあった法皇の離宮を禅寺に改めた。応仁の乱で多くの堂塔を焼失したが、細川勝元・政...
蓮華寺<右京区> 1057年(天喜5)藤原康基が、木喰単称上人作の石造五智如来像を本尊として開創。広沢の池畔から鳴滝音戸山へ、さらに1928年(昭和3)現在地へ移転。離散していた石仏を集めて境内に安置され...
今宮神社<右京区> 祭神は素戔嗚命。もと「祇花園(ぎはなぞの)社」又は「花園社」と称した。1015年、三条天皇の長和4年夏、疫病が流行した折、託宣により創祀された(『百錬抄』)。1644(寛永21年)に仁和寺...
慧照院 妙心寺塔頭。1623年(元和9)福井城主松平忠昌候の正室花姫の菩提所として創建され、当初は花姫の法号にちなみ黄梅院と称した。宝永年中(1704~11)に、衰退していた当院を大春和尚が中興し...
観月茶会 H28年9月10日(土)・11日(日)退蔵院にて。中秋の名月にあわせて行われる催し。「囲いの席(かくれ茶室)」が特別公開される。お茶席の後には、ライトアップされた庭園内で秋の味覚を取り...
観楓会 H28年11月18日(金)~12月4日(日)退蔵院にて。紅葉で色づく名庭・余香苑がライトアップされる中、紅葉を愛でながら精進料理を楽しむ予約制の特別拝観。◎朝・昼の時間帯でも精進料理付き特...
観桜会 H28年4月1日(金)~4月17日(日)退蔵院にて。昭和の名園余香苑がライトアップされる中、桜を愛でながら精進料理を楽しむ予約制の特別拝観。◎朝・昼の時間帯でも精進料理付き特別拝観を実施...
隣華院 妙心寺塔頭。1599年(慶長4)、脇坂安治が南化玄興を開山に迎えて創建。客殿には長谷川等伯筆の山水図襖(重要文化財)・狩野永岳筆の西園雅集図襖(市指定文化財)などがある。また豊臣棄丸...
麟祥院 妙心寺塔頭で、本坊の北方に位置する。徳川家光が創建。方丈に海北友雪筆の水墨襖絵雲龍図がある。特別公開時のみ。1634年(寛永11)の創建で、春日局を開基、碧翁愚完を開祖とする。春日局...
御室八十八カ所めぐり 仁和寺の北裏、成就山一帯にある霊場めぐり。1827年(文政10)、仁和寺29世門跡済仁が、寺侍に命じて四国八十八カ所霊場の砂を持ち帰らせ開いた。お堂や巡拝路が整備され、市街地が一望でき...
桂春院庭園 桂春院の南庭は皐月の刈込と椿、楓の「真如の庭」。東庭はうっそうと茂る樹間に打たれた飛石が茶室既白軒に通じる外露地も兼ねる「思惟の庭」。
退蔵院庭園 全体的に絵画的な手法が感じられる方丈西庭・元信の庭は、滝組や蓬莱島を中心とする50余坪の枯山水庭園。室町期の画聖・狩野元信作と伝わる。昭和の名園といわれる余香苑は、中根金作氏によ...
東林院・宿坊 妙心寺山内。1531年(亨禄4)細川氏綱が建立。後山名豊国が再建。以来山名家の菩提寺。本堂前庭は、十数本の沙羅双樹からなる「沙羅林」で、白い花と青苔に浮かぶ落花の風情が美しい。書院...
妙心寺(体験) ・坐禅と法話 ①毎月6,7,8日、朝6時~7時半  坐禅の後、法話約1時間 500円(団体不可) ②毎週土曜17時30分~日曜9時、研修センター(禅塾)に宿泊し修行  初回入会金含んで2,000円、2...
東林院・小豆粥で初春を祝う会 妙心寺山内。青苔に映える赤い「千両」の風情、水琴窟の音色と共に小豆粥が味わえる。小豆粥は桜粥、餅粥ともいわれ、新年に食すると一年中の邪気を払い、万病を除くと伝えられる。1月15日~...