月輪寺

内容概要

愛宕山の山腹にあり、四囲の山々の雄大な景観がひろがる。781年(天応1)慶俊僧都の開創と伝え、空也上人、法然上人も登山参禅、九条兼実も度々閑居した。本堂には本尊阿弥陀如来像(重文)ほか平安時代の仏像を8体安置。天台宗。境内の‘時雨(しぐれ)桜’は親鸞が流罪になる時植えたもので、5月頃になると晴天でも葉から雫を落とすのでその名。
境内の本石楠(しゃくなげ)(天然記念物)も見ごたえあり

【正式名称】
月輪寺(つきのわでら)
【住所】
右京区嵯峨清滝月の輪町7
【電話番号】
075-871-1376
地図表示
交通案内 京都バス 清滝下車 徒歩約90分
駐車場情報 清滝に有料駐車場
車椅子による見学 山道につき無理
拝観・開館時間 9:30~15:30
見学所要時間 約15分
休日・休館 無休

周辺情報

月輪寺  鎌倉山(かまくらざん)と号する天台宗の寺で、法然上人25霊場の第18番目の札所である。

 寺伝によれば、天応元年(781)慶俊(けいしゅん)僧都の開基と伝え、寺名は地中より...