百萬遍知恩寺

内容概要

浄土宗大本山の一つ。法然上人の弟子 源智上人が師の遺跡であり下賀茂神社の神宮寺であった『功徳院』(今出川釈迦堂または賀茂のかわら屋とも)を師の恩徳を偲び『知恩寺』とした。
元弘元年(1331年)京都で大地震が起こった際、後醍醐天皇の勅命により、第八世善阿空圓上人が宮中にて七日七夜を期し、百萬遍の念佛を称え疫病を鎮めた事から後醍醐天皇から「百萬遍」の勅号を賜った。『百萬遍念佛根本道場』、『法然上人二十五霊場 第二十二番』『大念珠繰りの寺』毎月15日に境内にて開催される『手作り市』のお寺としても知られる。同日(8月のみ25日)には午前中に写経会が催され、午後からの大殿法要の際には『大念珠繰り』が行われる。

ホームページ http://hyakusan.jp/

【正式名称】
百萬遍知恩寺(ひゃくまんべんちおんじ)
【住所】
左京区田中門前町103
【電話番号】
075-781-9171
【FAX】
075-781-0157
地図表示
交通案内 京阪電車 出町柳下車 徒歩約10分 市バス 百万遍下車 徒歩約3分
駐車場情報 バス要予約(団体参拝のみ)無料
自家用車若干 有料
※写経会、手づくり市(15日)不可
車椅子による見学 事前に連絡下さい。
拝観・開館時間 9:00~16:30
見学所要時間 約30分
休日・休館 無休
料金 宝物館拝観は団体参拝のみ
一般参拝は無料
予約方法 要予約(電話、ハガキ)
団体で参拝の場合
備考 受付終了:16:00

観光ルート情報

下鴨神社から白川の里へ 賀茂川・高野川合流点の北、糺の森とよばれる森の中に、京都でも最も古い神社の一つである下鴨神社の境内が広がる。白砂の敷きつめられた境内には、桧皮葺の社殿が並び、清浄な雰囲気が漂う...
井上靖ゆかりの地をたどる 京都大学-吉田山-神楽岡-銀閣寺-北白川-百万遍(知恩寺)九州大学から京都大学に転学した井上靖はあまり教室には出ない学生だったようで、吉田山に下宿し、百万遍かいわいから北白川に...
野間宏ゆかりの地をたどる 浄土寺-哲学の道-銀閣寺-北白川-百万遍(知恩寺)野間宏の小説『暗い絵』の舞台となっている京都大学のかいわい、京大、三高生の下宿が多くあった辺りをたどる。日本が戦争に突き進んで...

周辺情報

田中神社  祭神として大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る。

 この付近はもと田中村と呼ばれる村があったが、その産土神(うぶすながみ)として、村民の信仰をあつめてきた神社である。

 社...
百万辺知恩寺  長徳山功徳院と号し、浄土宗四本山の一つである。もと賀茂社の社領とされた今出川の北(今の相国寺の辺)に賀茂社の神宮堂あるいは賀茂社の河原屋(かわらや)と呼ばれる草庵があって、法...
吉田神社  祭神として健御賀豆知命(たけみかづちのみこと)・伊波比主命(いはいぬしのみこと)・天之子八根命(あめのこやねのみこと)・比売神(ひめがみ)の四神を祀る。

 貞観(じょうがん)...
吉田神社 859年(貞観元)藤原山蔭卿が春日の神を勧請し、平安京の鎮守神にしたのが起こり。室町期吉田兼倶卿が吉田神道を唱え権威を高めた。本殿は慶安年間(1648-52)再建の春日造。境内に重文の「...
今宮社神幸祭 10月第2日曜日前々日~10月第2日曜日。吉田の産土神である吉田神社末社今宮社の秋祭。初日の14時、本殿から御霊の御分霊を神輿に移す神事「おいでまつり」が行われる。最終日の11時、御発輿...
神楽岡社神幸祭 10月第4日曜日。吉田神社摂社の神楽岡社には地主神を祀り、神楽岡町の産土神となっている。当日は秋祭で神事の後11時より、神輿、鳳輦、稚児行列などが町内を巡行する。市バス/京大正門前、...
百萬遍知恩寺 十夜法要 秋の集い 毎年11月1日に開催される十夜法要では大殿(御影堂)内にて午後1時から法話があり、午後1時半より声明による古式法要が勤修され、回向師による諷誦回向もされます。また外陣にて百萬遍大念珠...
山蔭神社 例祭 5月8日。山蔭神社は吉田神社を創建し、又我が国に於いてあらゆる食物を初めて調理調味づけた始祖と仰ぐ藤原山蔭卿を祀り、古来庖丁の神、料理、飲食の祖神として信仰をあつめている。鎮座し...
例祭<吉田神社> 4月18日。吉田神社は平安初期に藤原山蔭卿が、平安京鎮護の神として勧請したのが始まりで、同社の大祭である例祭には、古の雅楽を受け継ぐ南都楽所から楽人らを招き、倭舞を奉納している。青...
百萬遍知恩寺除夜法要 毎年12月31日には除夜の鐘を撞きます、京都市内の寺院では珍しく、どなたでも梵鐘を自分で撞けるのが特色です。午後10時15分からの開扉のあと、午後10時30分より堂内にて108番までの整理券を...
京都大学総合博物館 京都大学が開学以来100年以上にわたって収集してきた貴重な学術標本資料約260万点を保管・管理し、第一線の研究・教育活動に活用するとともに、その先端の成果の紹介に重点を置く、日本初の...
尊攘堂 京都大学構内。1903年(明治36)完成。煉瓦造、漆喰塗、平屋建。1887年(明治20)品川弥二郎が吉田松陰の遺志に基づいて自邸内に創設したもの。弥二郎の没後、京大に寄付された松陰の遺墨類...
田中京極商店街振興組合 昭和24年に田中京極繁栄会として発足、昭和57年に法人化する。毎年恒例の納涼まつりには、地域消費者を中心に大勢の人出で賑わう。中元・歳末の売出しには特賞として一泊旅行に招待するなど...
企画展「虫を知りつくす 京都大学の挑戦~虫好き子供が大人になったら・・・~」 昆虫は今から4億年前に地球上に出現し、様々な環境に適応し、驚くべき生きる術を獲得しながら多様化を遂げた、いわば、進化が生み出した知恵の宝庫です。その種数は100万種を超え、現在知ら...