峰定寺(大悲山峰定寺)

内容概要

大悲山の中腹にある。1154年(久寿1)観空の創建。本山修験宗。崖に張り出した本堂(重文)は、わが国最古の舞台造り建築、修験道場で奈良の大峰山に対し北大峰と呼ばれる。春はシャクナゲ、秋は紅葉が美しい。雨天と冬期は入山不可。(仁王門から本堂までの参道は、歴史的自然環境保全地域にて植生物を観察して往復30分。本堂までしか入山できない。山中は立入禁止)
建立:1154(久寿1)年2月

【正式名称】
峰定寺(ぶじょうじ)
【通称名称】
大悲山峰定寺(だいひざんぶじょうじ)
【住所】
左京区花背原地町772
【電話番号】
075-746-0036
地図表示
交通案内 京都バス 大悲山口下車 徒歩約30分
駐車場情報 自家用車10台分 無料
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~16:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 悪天候時・団体・子供は入山禁止12月1日~3月30日閉門
料金 大人  500円  
大学生 500円  
高校生 500円  
中学生 500円  
小人  不可 
20人以上の団体不可
予約方法 天候によるため、予約不可
備考 受付終了:15:30
収蔵庫特別拝観日:5月3日から3日間(不定)、11月3日から3日間(不定)、9月17日

観光ルート情報

花背から大悲山へ 出町柳駅からバスに乗り約2時間、峠を越え山と緑に囲まれた花脊の里に着く。600m級の山々の連なる山深い人里離れたこの地は平安時代には北方浄土とも考えられていた。大悲山峰定寺はこの真に...