禅林寺(永観堂)

内容概要

正しくは禅林寺といい浄土宗西山禅林寺派の総本山。853年(仁寿3)空海の弟子真紹が藤原関雄の山荘を譲り受け、尊像を安置、真言宗の道場としたのが始まり。承暦年間(1077-81)第7世永観が入寺して以来、徐々に浄土念仏道場へと変わっていった。顔を斜め後ろに向けた阿弥陀如来像は‘みかえり阿弥陀’として知られる。国宝の絹本着色山越阿弥陀図など多くの寺宝を所蔵。毎年11月には寺宝展を開く。紅葉の名所でもある。
建立:平安初期

*11月、夜間拝観実施(期間中庭園ライトアップ)

ホームページ http://www.eikando.or.jp/

【正式名称】
禅林寺(ぜんりんじ)
【通称名称】
永観堂(えいかんどう)
【住所】
左京区永観堂町48
【電話番号】
075-761-0007
【FAX】
075-771-4243
地図表示
交通案内 地下鉄東西線 蹴上下車 徒歩約15分市バス 南禅寺・永観堂道下車 徒歩約3分
駐車場情報 バス9台分
自家用車 20台分
寺宝展開催中の自家用車の駐車場はなし
車椅子による見学 可(寺宝展期間中、堂内不可になる場合あり)
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約40分
休日・休館 無休
料金        一般 団体割引
一般     600円 500円
小・中・高校生400円 350円
寺宝展開催中
一般    1,000円 900円
小・中・高校生400円 なし
夜間拝観 600円 
予約方法 予約なし
備考 受付終了:16:00

観光ルート情報

除夜の鐘を突きに行く 大晦日ならではのイベント、除夜の鐘を撞きに行くなら黒谷さんこと金戒光明寺や真如堂こと真正極楽寺。夜11時過ぎ頃から行ってみたい。
平安神宮から哲学の道へ 哲学の道、このアカデミックな名前に魅せられてここを訪れた人も多いことであろう。この道は若王子橋より銀閣寺橋に至る疏水沿いの小径をいい、西田幾多郎や河上肇などの哲学者がしばしばこ...
初夏の花を訪ねる・菖蒲 永観堂境内の池には初夏、花菖蒲が色鮮やかに咲き、平安神宮の広大な池泉回遊式庭園には紫や白など約200種、2000株の花菖蒲が花を咲かせる。
洛東周辺お楽しみコースA 茶道具などの逸品を数多く所蔵し、充実した企画展などを実施する野村美術館を始め、紅葉の名所の永観堂、庭園が見ものな南禅寺・南禅院など多岐にわたるスポットで楽しめる。
洛東周辺お楽しみコースB 茶道具などの逸品を数多く所蔵し、充実した企画展などを実施する野村美術館を始め、紅葉の名所の永観堂、庭園が見ものな南禅寺・南禅院など多岐にわたるスポットで楽しめる。
洛東・紅葉散策コースA 紅葉の美しさが有名な永観堂の多宝塔からの眺めをはじめ、紅葉のトンネルになる哲学の道、法然院、銀閣寺など身も心も染まってしまうほど真っ赤に燃える紅葉を楽しめる。
洛東・紅葉散策コースB 紅葉の美しさが有名な永観堂の多宝塔からの眺めをはじめ、紅葉のトンネルになる哲学の道、法然院、銀閣寺など身も心も染まってしまうほど真っ赤に燃える紅葉を楽しめる。
南禅寺・永観堂道近辺社寺。風景を楽しむA 永観堂や哲学の道は春は桜、秋は紅葉というように季節に合わせた趣を見せ、南禅寺・南禅院は琵琶湖の疏水が流れる水路閣のアーチなど絶景。
南禅寺・永観堂道近辺社寺。風景を楽しむB 永観堂や哲学の道は春は桜、秋は紅葉というように季節に合わせた趣を見せ、南禅寺・南禅院は琵琶湖の疏水が流れる水路閣のアーチなど絶景。
石川五右衛門・名台詞『絶景かな』体感A 歌舞伎「三門五三桐」の中の名台詞『絶景かな』でおなじみの高さ22mの三門を始め南禅院鎌倉時代の後期の池泉回遊式庭園など木々に囲まれた曹源池などの優雅な趣にあなたも『絶景かな』と...
石川五右衛門・名台詞『絶景かな』体感B 歌舞伎「三門五三桐」の中の名台詞『絶景かな』でおなじみの高さ22mの三門を始め南禅院鎌倉時代の後期の池泉回遊式庭園など木々に囲まれた曹源池などの優雅な趣にあなたも『絶景かな』と...
洛陽六阿弥陀めぐり 真如堂-永観堂-清水寺阿弥陀堂-安祥院-安養寺-誓願寺六阿弥陀めぐりは享保2年(1717)洛東安祥院の開基で大阿闍梨の木食正禅上人が発願した。月ごとに違う功徳日参りを3年3月続...
知恵の寺めぐり 金戒光明寺-永観堂-浄土院-養福寺-補陀洛寺-直指庵-阿弥陀寺-安井念仏寺-勝円寺「三人寄れば文殊の知恵」のことわざにあるように、釈迦三尊のひとつ文殊菩薩は知恵を司る仏。ご縁日...
竹内勝太郎ゆかりの地をたどる 南禅寺-永観堂-哲学の道-法然院-浄土寺-銀閣寺南禅寺から銀閣寺に至る閑寂で緑豊かな洛東の山麓かいわいを愛した文人・学者は多い。竹内勝太郎も岡崎天王町、法然院と居を移し、浄土寺...
谷崎潤一郎ゆかりの地をたどる 金地院(南禅寺塔頭)-真乗院(南禅寺塔頭)-永観堂-糺の森谷崎潤一郎は終戦後京都に居を構えた。南禅寺門前の家は奥の八畳間の下を白川が流れていて気に入っていたが、狭いので真乗院の...

周辺情報

永観堂(禅林寺)  聖衆来迎山禅林寺と号する浄土宗西山(せいざん)派の総本山で、通称永観堂と呼ばれている。

 斉衡2年(855)空海の弟子真紹(しんしょう)が藤原関雄(せきお)の山荘を寺院とした...
熊野若王子神社  祭神として、国常立神(くにとこたちのみこと)、伊佐那岐神(いざなぎのみこと)、伊佐那美神(いざなみのみこと)、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る。

 当社は、永暦元年(1...
光雲寺  霊芝山(れいしざん)と号し、臨済宗南禅寺派に属する。南禅寺北ノ坊とも呼ばれる。もと摂津(大阪府)にあったが、寛文年間(1661年頃)後水尾天皇及び中宮東福門院(徳川家康の孫娘...
南禅寺  臨済宗南禅寺派の大本山で、正応4年(1291)亀山法皇の離宮の地を賜わり、無関普門(むかんふもん)(大明国師)規庵祖円(きあんそえん)(南院国師)によって創建された。以来歴朝...
大豊神社 この社は少彦名(すくなひこなの)命(みこと)・応神天皇・菅原道真(みちざね)を祀っている。社伝によると、仁和三年(887)、宇多天皇の病気平癒のため尚侍藤原淑子が勅命を奉じた勅願所で...
金地院  臨済宗南禅寺派に属する。応永年中(1400年頃)南禅寺六十八世大業徳基が北区鷹峰に開いたのが当寺の起りであるが、江戸時代のはじめ、以心崇伝(いしんすうでん)がこの地に移して再...
熊野若王子神社 1160年(永暦1)後白河上皇が紀州熊野権現を勧請して創祀した永観堂の守護神としての神社である。京都三熊野のひとつ。明治期4社殿を修築したが、1978年(昭和53)に一社相殿に改築された。...
南禅院 御霊殿には亀山法皇の坐像(重文)を安置。襖絵は狩野養朴筆。亀山法皇によって作られた池泉廻遊式庭園は、夢窓国師の手で完成された京都で唯一の鎌倉時代の名園(史跡・名勝)。南禅寺発祥...
南禅寺 臨済宗南禅寺派の本山。1291年(正応4)亀山法皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開山。室町時代は隆盛を極め、「五山之上」に列せられた。応仁の乱で焼失した伽藍を‘黒衣の宰相’といわ...
天授庵(南禅寺塔頭) 1339年(暦応2)光厳天皇の勅許により虎関師錬が南禅寺開山無関普門(大明国師)の塔所として建立。1602年(慶長7)細川幽斎が再興した。方丈の襖絵は長谷川等伯の筆で重文。池泉を主にし...
念佛行道会 2月14日~2月15日、禅林寺(永観堂)。今から約900年前の2月15日未明、中興の祖、永観律師が本堂において念佛行道中、いつのまにか阿弥陀様が壇上から降りて律師とともに行動された。念佛行...
大豊神社 鹿ケ谷・南禅寺一帯の産土の神、氏神様枝垂紅梅、椿、四季折々の山野草が心を慰めてくれます。社伝によると、仁和3年(887)宇多天皇の御悩平癒祈願のために、贈正一位尚侍藤原淑子が勅命を奉...
桜花祭 4月第1日曜日、熊野若王子神社。10時~10時40分に桜花祭典が行われ、その後は16時まで、大正琴を観賞することができ賑わいを見せる。境内裏山には桜花苑があり、売店では、弁当なども販売す...
哲学の道 東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけったといい、この名がついた。春は...
住友コレクション 住友コレクションとして世界的に知られる中国古代の青銅器と鏡鑑を中心に、住友家収集の東洋の美術工芸品約3000点を収蔵・展示する美術館。館の名称は江戸時代の住友家の屋号「泉屋」と900年...
野村美術館 野村證券、旧大和銀行などの創業者・野村徳七(号得庵)が、茶道を基本に収集した美術工芸品を展観。絵画、墨蹟、茶道具、能面、能装束などあり。(重要文化財 7件)立礼席での呈茶あり(有...
南禅寺水路閣 琵琶湖疏水の分線(蹴上以北)にある水路橋で1888年(明治21)完成。南禅寺境内を通過するため、周辺の景観に配慮して田辺朔郎が設計、デザインした。全長93.2メートル(幅4メートル、高9メ...
金地院庭園 金地院の方丈前庭は「鶴亀の庭」として有名で小堀遠州の作。禅寺としては珍しく豪快で華やか。庭いっぱいに鶴亀が向かい合う姿を表現。前面の白砂は宝船を象徴すると同時に海洋を表し、鶴島...
南禅院庭園 南禅院の庭園は法皇遺愛の林泉で、史跡及び名勝に指定されている。築庭に当たって竜田の楓を移植し、井手の蛙を放ったと伝えられる。池中に心字島を浮かべ、夢窓国師によって完成された池泉...
南禅寺方丈庭園 南禅寺本坊の庭園は、方丈前に白砂を敷き、築地塀の前に樹木と苔、そして6個の石を配した枯山水。俗に虎の子渡し。禅の悟りへの道筋を象徴的に表現したものともいわれる。
南禅寺(体験) ・坐禅(暁天坐禅) 毎月第2・第4日曜、朝6時から7時 (11月から3月までは朝6時30分から7時30分) (8月の第2・4、12月の第4、1月の第2日曜は休会) 坐禅のあと法話、無料 団体坐禅研修...
叶匠壽庵 京都茶室棟 銀閣寺へと続く哲学の道沿いにある、和菓子「叶匠壽庵」の茶室で、格式ある裏千家のお抹茶を体験。簡単なお抹茶の作法を教えてもらえる。抹茶の飲み方などは教えますが、お点前は見ていただ...
南禅院<写経ほか> 毎月15日午後1時から写経会。写経のあとは宗偏流の社中が茶席でもてなしてくれる。
春季特別展 書を愛でる 茶の湯の掛物 茶の湯で用いられた仮名の書と墨蹟の名品を展示します。流麗さが特徴の仮名の書、力強い名筆の墨蹟、古典的な作品の数々から書の魅力に迫ります。
上島鳳山と近代大阪の画家たち-大阪の美人画は濃い! 明治から大正時代にかけて、独特の雰囲気を漂わせた美人画で人気を博した上島鳳山。鳳山の未公開作品を含め、同時代に大阪で活躍した画家たちを紹介します。