清閑寺

内容概要

802年(延暦21)紹継法師が開創。高倉天皇の寵愛を受けた小督局(こごうのつぼね)がここで尼となったと伝え、山門を入ったところに、その供養塔がある。境内の要(かなめ)石から眺めると、視界が扇形に広がる。紅葉の名所。
建立:802年(延暦21)

見学所要時間:約10分

【正式名称】
清閑寺(せいかんじ)
【住所】
東山区清閑寺歌の中山町3番地
【電話番号】
075-561-7292
【FAX】
075-541-8529
地図表示
交通案内 京阪バス清閑寺 山ノ内町下車 徒歩約10分
駐車場情報 有り
※駐車スペースが少ないため、予約が望ましい
車椅子による見学 不可。石の階段が約40段
拝観・開館時間 8:00~16:00
休日・休館 不定休
料金 志納金制
予約方法 団体の場合要予約
(電話 075-561-7292)
備考 拝観は、庭と市内の眺望のみ
但し、冬期は16:00

観光ルート情報

平家物語縁の地を歩く1 山の道編A 八坂神社奥にあるのが忠盛灯篭。祇園女御は白河上皇の寵愛を受け平清盛の母ともいわれる女性だ。長楽寺は建礼門院が尼になったという古刹。山を登ったところにある清閑寺には小督局の墓がある。
平家物語縁の地を歩く1 山の道編B 八坂神社奥にあるのが忠盛灯篭。祇園女御は白河上皇の寵愛を受け平清盛の母ともいわれる女性だ。長楽寺は建礼門院が尼になったという古刹。山を登ったところにある清閑寺には小督局の墓がある。
平家物語縁の地を歩く1 山の道編C 八坂神社奥にあるのが忠盛灯篭。祇園女御は白河上皇の寵愛を受け平清盛の母ともいわれる女性だ。長楽寺は建礼門院が尼になったという古刹。山を登ったところにある清閑寺には小督局の墓がある。
西郷隆盛の足跡をたどる 成就院は普段非公開(春秋公開・要確認)だが隆盛が奄美大島に流されるきっかけとなった寺。清水寺境内の忠僕茶屋は隆盛の弟が名づけた茶屋。ここでひと休みした後、月照と西郷が密会してい...

周辺情報

清閑寺  新義(しんぎ)真言宗智積(ちしゃく)院の末寺で、延暦21年(802)紹継(しょうけい)法師によって創建され、はじめは天台宗延暦寺に属していたが、のち荒廃し、一条天皇の御代(9...
清水寺 北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽藍が並ぶ。現在の主な堂塔は、16...
青龍会 9月14日~15日、清水寺。青龍会は平成12年のご本尊ご開帳の折、人々の安寧を祈願する青龍会が結成され、観音の化身である青龍の誕生とその開眼法要が執行された。青龍会は、ほら貝を吹き先布...
千日詣り 清水寺では8月9日~16日を中心に、8月9日から。この日にお参りすれば千日分の功徳があるとされる。市バス/五条坂、徒歩10分。問合先:清水寺075-551-1234。※本堂内々陣特別拝観午前9:00~午...
清水寺子安の塔 清水寺の本堂から錦雲渓をへだてた丘の上にある。総丹塗り、桧皮葺の三重塔(重文)で江戸時代初めの再建。清水寺の塔頭で泰産寺という寺名をもつ。塔内には千手観音が安置されている。寺伝...