地蔵院<西京区>(竹の寺)

内容概要

1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆われていることから竹の寺とも称される。本堂には、地蔵菩薩の他に、夢窓国師、宗鏡禅師、頼之公の木像が安置されている。本堂北の方丈には平庭式枯山水庭園があり、羅漢に見立てられた16個の自然石が配されている。竹林以外は、境内一円鮮やかな苔に覆われている。楓が多いため、春は新緑、秋は紅葉が美しい。折々に、侘助椿や山茶花などが彩りを添える。本堂南には宗鏡禅師、頼之公の墓所がある。また、細川護熙元首相筆の襖絵である瀟湘八景図も見どころである。境内一円は京都市の文化財環境保全地区に指定されている。
建立:1367(貞治6)年(南北朝時代)
方丈 京都市登録有形文化財
庭園 京都市登録名勝

【正式名称】
地蔵院<西京区>(じぞういん)
【通称名称】
竹の寺(たけのてら)
【住所】
西京区山田北ノ町23
【電話番号】
075-381-3417
【FAX】
075-381-3417
地図表示
交通案内 阪急電車上桂下車 徒歩約12分
京都バス苔寺鈴虫寺下車 徒歩約3分
市バス苔寺口下車 徒歩約10分
駐車場情報 自家用車7台分 無料
(民営駐車場、徒歩3分、有料)
車椅子による見学 不可 介添人あれば一部可
・障害者介添人2名まで1人400円
拝観・開館時間 9:00~16:30
見学所要時間 約20分
休日・休館 無休
料金 方丈、庭園、襖絵
    一般 障害者 
大人  500円 400円
大学生 500円 400円
高校生 300円 200円
中学生 300円 200円
小人  300円 200円
団体割引はなし
予約方法 20名以上要予約
備考 受付終了 15:00
抹茶 500円
不定休

観光ルート情報

松尾大社界隈 松尾大社界隈には、梅津、松尾、葉室という昔からの地名があり、山裾沿いに寺社が散在し、東海自然歩道ともなっている。梅津の梅宮大社と松尾大社は、共に洛西屈指の古社で酒造の神としても...
竹林の里・松尾を訪ねて 山裾を縫うように竹林の美しい松尾の里を歩く。安産の神様・梅宮大社や酒造の神様・松尾大社をはじめ、鈴虫寺として知られる華厳寺や苔寺・西芳寺(要申し込み)、竹の寺と呼ばれる地蔵院な...
京の通称寺をゆく・松尾編 1年中鈴虫が鳴く華厳寺は、別名「鈴虫寺」と呼ばれる。世界文化遺産でもある西芳寺(要申し込み)は、言わずと知れた苔寺。境内を覆う竹林が涼やかな地蔵院は「竹の寺」にふさわしい風景。

周辺情報

西芳寺(苔寺)  山号を洪隠山といい、禅宗に属する。

 この寺の由緒はきわめて古く、奈良時代、聖武天皇の詔により行基(ぎょうき)が開創。平安時代初期には弘法大師も一時住し、鎌倉初期には法然上人...
地蔵院  衣笠山(きぬがさやま)と号する臨済禅宗の寺で、通称、谷の地蔵、又は、竹の寺とも呼ばれている。

 この地には、もと歌人の衣笠内大臣藤原家良(ふじわらのいえよし)の山荘があったが...
浄住寺  葉室山に号し、黄檗(おうばく)宗に属する。

 寺伝によれば、弘仁年間(810~824)嵯峨天皇の勅願によって円仁が開創した。弘長年間(1261~1263)葉室定嗣が西大寺の叡...
華厳寺 1723年(享保8)学僧鳳潭上人が最福寺跡地に華厳宗の再興の為に当寺を創建。19世紀初頭臨済宗に改宗。八代目住職 台巌和尚が鈴虫の音に開眼し研究を始め、今では年間5万匹を育て一年中鈴虫...
西芳寺 奈良時代に行基が開創。1339年(暦応2)に夢窓疎石を迎えて再興。臨済宗。心の字を形どる黄金池を囲む池泉回遊式庭園(史跡・特別名勝)は120余種の苔でおおわれ、幕末に岩倉具視が隠れ住ん...
谷ヶ堂 最福寺延朗堂 松尾、谷ヶ堂、最福寺開山、延朗上人については、元享釋書、太平記、三井寺続燈記、雨月物語等に詳しく記されている。それによると、上人は、但馬国養父郡に生れ、幼にして父母を喪い、元養...
西芳寺 影向石 庭内にあり、松尾明神降臨の地という。一説に夢窓疎石の説法を松尾明神が岩上に坐して聞いたという。注連縄が張られている。
西芳寺 夢窓疎石坐禅石 単立(臨済系)。夢窓国師ゆかりの坐禅石が庭内に。
西芳寺庭園 西芳寺(苔寺)の庭園は、豪快な三段構成の枯滝石組も、大和絵のような池泉廻遊式の庭園も、すべてが百余種を越える緑苔で覆われた幻想的な静寂の世界。*当寺における「参拝」とは本堂で行...
地蔵院庭園<西京区> 1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆...