三宝寺(鳴滝の妙見さん)

内容概要

1628年(寛永5)後水尾天皇が帰依していた日護上人のために右大臣菊亭経季らが建立した日蓮宗の寺。妙見堂の本尊は上人自作で江戸中期、洛陽十二支妙見めぐりの一つ‘鳴滝の妙見さん’と親しまれた。参道には花梨(かりん)の木、本堂わきには御所より移植したと伝える‘御車返しの桜’が有名。土用丑の日‘頭痛封じのほうろく灸祈祷’、12月第一土曜・翌第一日曜「厄落としの大根焚き」で賑う。

建立:1928(寛永5)年12月8日(江戸時代)

ホームページ http://www.sanbouji-kyoto.or.jp/

【正式名称】
三宝寺(さんぼうじ)
【通称名称】
鳴滝の妙見さん(なるたきのみょうけんさん)
【住所】
右京区鳴滝松本町32
【電話番号】
075-462-6540
【FAX】
075-461-0379
地図表示
交通案内 京福電車宇多野下車徒歩約15分 
市バスJRバス三宝寺下車徒歩約7分
駐車場情報 自家用車50台分 無料
拝観・開館時間 9:00~16:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 無休
料金 無料
備考

観光ルート情報

洛陽妙見十二支めぐり (子=北)善行院-(丑=北北東)本満寺-(寅=東北東)道入寺-(卯=東)霊鑑寺-(辰=東南東)満願寺-(巳=南南東)日体寺-(午=南)本教寺-(未=南南西)法華寺-(申=西南西...

関連情報

後水尾天皇 第108代。後陽成天皇の第3皇子。徳川秀忠の娘和子(東福門院)を中宮とする。朝廷を圧迫する幕府に反発。讓位後、4代の天皇の間、院政を行った。学問、詩歌、茶道、華道などに通じ、当時の文...
鳴滝 右京区の北部、御室の西にある近郊住宅地の名。地域を流れる御室川の渓流がこのあたりで滝のようになり、水音が遠くまで鳴り響いたので地名となった。天然の鳴滝砥石の産地として全国的に有...

周辺情報

尾形乾山宅跡  法蔵寺の地は、江戸中期の有名な陶芸家尾形乾山の旧宅地である。乾山は寛文3年(1663)京都の生れ、画家尾形光琳(こうりん)の実弟。兄に絵を、野々村仁清に陶法を学んだ。陶器の絵...
三寶寺  金映山(きんえいざん)と号する日蓮宗の寺院である。

 当寺は、寛永6年(1629)に、今出川(菊亭)経季(つねすえ)及び中山(今城)為尚(ためひさ)が後水尾上皇の内旨を得て、...
南殿順興寺  山号を竜華山といい、浄土真宗本願寺派に属する寺である。

 寺伝によれば、延徳元年(1489)、真宗の中興蓮如上人が河内の枚方で開いたといわれる。次いで、蓮如上人の末子兼智(実...
厄落としの大根焚き・御会式 12月第1土曜、翌第1日曜、三宝寺。日蓮宗の宗宝、日蓮聖人・日朗・日像三菩薩の御真骨を開帳し、報恩法要が行われる。日曜日に御会式法要が行われ、土曜日には祈祷会が行われる。秘法の中...
順興寺 浄土真宗本願寺派。山号は竜華山。本尊阿弥陀如来。1489年(延徳1)蓮如上人が河内国招提村(現大阪府枚方市)で開山したのが始まり。寛永年間(1624~44)に中京二条城近くに移り、「二条順...
法蔵寺 法蔵寺は、二条家の山屋敷であったものを江戸時代の絵師尾形光琳の弟、尾形乾山が譲り受け、乾山焼きの窯を築いた所である。その後、近衛家煕(予楽院)と親交のあった百拙元養が享保16年(1...
ほうろく灸祈祷 土用丑の日、三宝寺。700年伝来の日蓮宗秘法の祈祷。頭痛に対し効験のあるという「ほうろく灸」は、昔日より暑気払いや頭痛封じとして有名。直径40cmの土製の焙烙(平らな土鍋)を頭の上にの...
栗山工房 沖縄の伝統ある型染め「紅型」の技法と京都の伝統ある染め物「友禅」を融合させた「和染紅型」を生み出す工房を見学することができます。ほぼ全ての工程を見ることができ、40分程度の丁寧な...