• ホーム
  • イベント情報
  • 観光スポットを地図から探す
  • 観光スポットをカテゴリから探す
  • 観光スポットをおすすめ機能から探す
京都の天気
10月1日(水)
28℃ / 20℃

週間天気へ

金福寺

内容概要

864年(貞観6)円仁(慈覚大師)の遺志を継ぎ、安恵僧都が創建。江戸中期に鉄舟和尚が再興し、現在は臨済宗南禅寺派。松尾芭蕉が鉄舟と親交を深めたという芭蕉庵は荒廃したが、のち与謝蕪村が再興。紅葉が美しい。背後の丘に与謝蕪村ら近世の俳人の墓や句碑がある。また、舟橋聖一作歴史小説「花の生涯」や諸田玲子の「奸婦にあらず」のヒロイン村山たか女は文久2年、勤皇の志士によって三条河原でさらし者にされたが、3日後助けられて金福寺に入り尼として明治9年まで14年間すごし、当寺で生涯を終った。法名は清光素省禅と云う。本堂では与謝蕪村と村山たか女の遺品が拝観できる。庭園は皐月の築山と白砂の簡素な枯山水。3段の生垣ごしには素朴な趣の芭蕉庵の萱葺き屋根が見える。3月は紅梅とあせびの花、11月はさざんかと特に紅葉が美しい。芭蕉庵からは洛中が一望できる。

【正式名称】
金福寺(こんぷくじ)
【住所】
左京区一乗寺才形町20
【電話番号】
075-791-1666
【FAX】
075-791-1666
交通案内 叡山電車 一乗寺下車 徒歩約20~30分
市バス 一乗寺下り松町下車 徒歩約5分
駐車場情報 自家用車2台分 無料
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約40分
休日・休館 12/30~12/31 1/16~1/31 8/5~8/20
料金     一般  障害者割引
大人  400円  350円
大学生 400円  350円
高校生 200円  150円
中学生 200円  150円
小人  無料   無料
予約方法 説明希望の団体はあらかじめ申し入れ必要

観光ルート情報

一乗寺から修学院へ バス停一乗寺下り松町でおりて坂道を登るとすぐに俳諧史跡として知られる金福寺である。庭園の大刈り込みが目をひくが、ここは芭蕉や蕪村がよく訪れたところで、芭蕉ゆかりの芭蕉庵、蕪村の...
歴史上の人物ゆかりの地をたどるA 徳川家康が起源の圓光寺、石川丈山の草庵後の詩仙堂、芭蕉が訪れた記念の芭蕉庵がある金福寺、桓武天皇が平安京の鬼門として不動産を安置したのがはじまりの狸谷山不動院など、ゆかりの人物...
歴史上の人物ゆかりの地をたどるB 徳川家康が起源の圓光寺、石川丈山の草庵後の詩仙堂、芭蕉が訪れた記念の芭蕉庵がある金福寺、桓武天皇が平安京の鬼門として不動産を安置したのがはじまりの狸谷山不動院など、ゆかりの人物...
村山たかの後期の生涯をたどるA 井伊直弼の密偵・村山たかが安政の大獄の後、尼僧になった金福寺と、境内に村山たかの墓がある圓光寺をめぐる。
村山たかの後期の生涯をたどるB 井伊直弼の密偵・村山たかが安政の大獄の後、尼僧になった金福寺と、境内に村山たかの墓がある圓光寺をめぐる。
蘇る平安朝コースA 修学院離宮や詩仙堂などの史跡は、日常を忘れさせるほどの静寂の世界へあなたを誘う。
蘇る平安朝コースB 修学院離宮や詩仙堂などの史跡は、日常を忘れさせるほどの静寂の世界へあなたを誘う。
登山DE寺参りコースA 瓜生山の山頂付近に位置する狸谷不動院までの登山をメインにしたヘルシーコース。商人・芸能人の信仰が厚く、交通安全祈願で知られている。毎年冬に蕪村忌が営まれる金福寺には、与謝蕪村等...
登山DE寺参りコースB 瓜生山の山頂付近に位置する狸谷不動院までの登山をメインにしたヘルシーコース。商人・芸能人の信仰が厚く、交通安全祈願で知られている。毎年冬に蕪村忌が営まれる金福寺には、与謝蕪村等...
与謝蕪村ゆかりの地をたどる  金福寺ー四条烏丸界隈ー室町仏光寺界隈 蕪村は、宝暦元年、36歳のときに上洛した。一時期、丹後与謝に遊学し、そのあと姓を与謝とした。京都では、四条烏丸東入や、仏光寺通室町東入の...

関連情報

松尾芭蕉 江戸前期の俳人。伊賀(三重県)上野生まれ。藤堂良忠に仕えたが、主君没後に退去。江戸に出て俳人の名声を確立。たびたび京都を訪れ、『奥の細道』の旅後に向井去来の落柿舎に逗留、『嵯峨...
与謝蕪村 江戸中期の俳人・画家。摂津(大阪府)生まれ。江戸に出て俳諧、画を学び、京都に移住。池大雅と並ぶ代表的な文人画家。また天明時代(1781-89)の中心的な俳人として、蕉風俳諧の復興を唱え...

周辺情報

一乗寺下り松  平安中期から中世にかけこの辺りに一乗寺という天台宗の寺があった。

 天元4年(981)山門衆徒と寺門衆徒の対立の中、寺門派の僧、穆算(しゅうさん)が難を逃れて当寺に住んだこと...
圓光寺  瑞厳山(ずいげんざん)と号し、臨済宗南禅寺派に属する。慶長6年(1601)に徳川家康が下野足利(しもつけあしかが)学校を伏見指月(しげつ)に移し、その第九世元佶三要(げんきつ...
鷲尾家雑掌宅跡  当田辺家は元禄年間より雑掌として鷲尾家に仕えていた。

 室町時代に「二水記」を著した公家の鷲尾隆康の後裔、鷲尾家は一乗寺村に家領を有し、当家にその管理をさせていたほか、納米の...
詩仙堂  正しくは、六六山(ろくろくざん)詩仙堂丈山(じょうざん)寺と号する曹洞宗の寺院である。  当寺は、江戸時代の文人石川丈山が、寛永18年(1641)隠棲のため建立した山荘で、凹...
初不動 1月28日、狸谷不動院。木食上人の故事にちなんで青竹の筒に入れた笹酒の接待がある。ガン封じになるという。無料。市バス一乗寺下り松町1キロ。問合先: 075-722-0025http://www.tanukidani...
狸谷山不動院 「タヌキダニのお不動さん」の名で知られる。宮本武蔵が心の剣をみがいたといわれる武蔵之滝があり修行場として信仰された。交通安全・厄よけ祈願で知られる。正月三ヶ日には初詣大護摩祈願...
圓光寺 左京区一乗寺小谷町。1601年(慶長6)徳川家康公は文治政策として閑室元佶(かんしつげんきつ)師を招いて伏見に学問所を開いたのに始まり、圓光寺版と呼ぶ図書も出版、当時の木活字(重文)...
詩仙堂 左京区一乗寺門口町。江戸初期の石川丈山が1641年(寛永18)に造営、隠棲した山荘跡で、曹洞宗。狩野探幽筆の中国の詩家36人の肖像を掲げる詩仙の間を中心に、白砂の唐様庭園には小川が流れ...
丈山翁遺宝展 5月25日~5月27日、詩仙堂。書を中心とする石川丈山作の遺品を公開する。連日10時~16時。市バス/一乗寺下り松町、徒歩7分。問合先:詩仙堂075-781-2954。
八大神社 永仁二年(1294)に創建された。御祭神には一乗寺の産土神、氏神として素盞嗚命、稲田姫命、八王子命を祀っている。禊祓い、農耕・水、森林・山、縁結び・和歌、方除・厄除、学業・教育と様...
狸谷山火渡り祭 7月28日、狸谷不動院。護摩祈祷の後、燃え尽きた護摩木の上を修験者が渡る荒行が行われる。その後、参拝者も素足で火床を渡り無病息災を祈る。火渡りのお札500円。市バス/一乗寺下り松町、徒...
狸谷不動尊秋祭り 11月3日、狸谷不動院。立教開山を記念する行事。修験山伏達が祈祷殿から本殿までを練り歩く。続いて、山伏による野外大護摩供が行われ、山伏が参拝者の鞄・財布・衣類等を護摩の炎でお加持し...
例祭・神幸祭 5月5日、八大神社。宮本武蔵が吉岡一門と「一乗寺下り松」で決闘する直前にお参りした神社。神輿5基、剣鉾3基などが一乗寺一帯の各町内を巡行する。市バス/一乗寺下り松町、徒歩10分。問合先...
野仏庵 西園寺公望公のよし葺きの屋根の門と茶室、閑寂の庭園、石段を登ると上間秋成の茶室。淀の茶屋の旧邸を移築した母屋で四季の雅の中でお抹茶を一服
金福寺庭園 金福寺の庭園は、皐月の築山と白砂の簡素な枯山水。三段の生け垣越しには素朴な趣の芭蕉庵の茅葺き屋根が見える。3月は紅梅とあせびの花、11月はさざんかと特に紅葉が美しい。芭蕉庵からは洛...