欣浄寺(伏見大仏欣浄寺)

内容概要

曹洞宗。日本曹洞宗の開祖道元が開いたとも伝える。本尊は「伏見の大仏」で知られる丈六の大仏。寺地は、深草少将の邸宅跡といわれ、境内に少将塚、小町塚、深草少将姿見の井戸(涙の水ともよばれる)等がある。江戸中期は浄土宗に属したが文化年間(1804-18)に改宗。堂内深草少将張文像安置。

【正式名称】
欣浄寺(ごんじょうじ)
【通称名称】
伏見大仏欣浄寺(ふしみだいぶつごんじょうじ)
【住所】
伏見区西桝屋町1038
【電話番号】
075-642-2147
【FAX】
075-642-2147
地図表示
交通案内 京阪電車 墨染下車 徒歩約2分市バス 南8番(竹田駅始発)墨染下町下車
駐車場情報 マイクロバス2~3台分 無料
自家用車3~5台分 無料
拝観・開館時間 10:00~16:30
見学所要時間 約15分
休日・休館 無休
料金 志納金
予約方法 要予約(電話、ハガキ)

観光ルート情報

仏像めぐり<洛南> 京都のシンボル・五重塔のある東寺に、平安時代初期を代表する仏像が数多く伝えられていることは意外と知られていないようだ。講堂には密教浄土の世界を立体的に表した21体の仏像群が荘厳と...
伏見街道そぞろ歩き 京の五条より伏見城へと通じた伏見街道。今では稲荷までを本町通、墨染までが直違橋通、伏見に入って京町通と呼ばれる。今、昔を偲べるのは道筋に架かる石橋に残る‘伏水街道’の文字だけであ...
プラネタリウムと普茶料理 京都で唯一のプラネタリウムがある科学センターは子供も大人も楽しめる。藤森神社には競馬の必勝祈願に訪れる人も多い。欣浄寺の本尊は伏見の大仏で知られる丈六の大仏。海宝寺では予約をす...

関連情報

道元 鎌倉期の禅僧。日本曹洞宗開祖。京都生まれ。父は内大臣久我通親。比叡山で修学後、建仁寺に入る。入宋し、天童山の長翁如浄に参じて得悟。帰国後、建仁寺から深草の安養院を経て観音導利院...
姿見の井 京の名水として各地にある伝説の水。現存するのは伏見区・欣浄寺の深草少将姿見の井(池も)、左京区静市・補陀洛寺の小野小町姿見の井など。ほかに平景清姿見の井(東山区)、義経姿見の井...

周辺情報

欣浄寺  清凉山(せいりょうざん)と号する曹洞宗の寺院である。

 寺伝によれば寛喜2年(1230)から天福元年(1233)まで道元(どうげん)禅師がこの地で教化に努め、当寺を創建した...
栄春寺 泰澄山と号し、永禄十一年(一五六八)、道元禅師が越前に移住後、京・伏見で最初の曹洞宗寺院として、勅特賜昼普光錦禅師孝蒲伝和尚により開創された。
現本堂は、天保十年(一八三九)の...
藤森神社  素盞鳴命(すさのうのみこと)を主神とし、あわせて神功(じんぐう)皇后、日本武尊(やまとたけるのみこと)など十二柱に及ぶ神々を奉祀し、洛南深草の産土神として崇敬されている古社で...
藤森神社 平安期以前、神功皇后が軍旗を樹て兵具を納め塚を造り神まつりしたのが始まりと伝える。桓武天皇も平安京遷都に際し、弓兵政所とした。5月5日の「藤森祭」は、朝からみこし3基が氏子(区域)...
藤森神社 紫陽花苑 開苑期間は6月上旬より約1ヶ月(開花状況により変化)紫陽花苑は境内2ヶ所1,500坪に約3,500株、色とりどりの紫陽花が咲く。期間中の土日には蹴鞠や太鼓、雅楽などの奉納行事がある。
栄春寺 永禄11年(1568)開創の曹洞宗寺院。伏見城遺構の門。伏見城総構え(土塁)が唯一現存する。長沼流兵法の祖、長沼宗敬の墓・碑有。本堂絵天井と内陣龍図天井に見学者有。秀吉の命により植え...
秋季大祭並火焚祭 11月5日、藤森神社。氏子より奉納された各家々の火焚木を焼納し、1年間の家内安全・無病息災を祈願する。JR/藤森駅、徒歩5分又は京阪/墨染駅、徒歩7分。問合せ先:藤森神社075-641-1045。見...
藤森祭・駈馬神事 5月1日~5月5日、藤森祭。別名深草祭とも呼ばれ貞観5(863)年摂政藤原良房が天皇の長寿と国家の安穏を祈念し、清和天皇臨幸のもと始められた祭事。5月5日の13時と15時には迫力満点のアクロ...
墨染ショッピング街 昭和53年に設立。翌年に街路灯をつくり、昭和59年には統一看板を設置。疏水を境に東西がほぼ半分に分かれ、良い意味での競合が起こっている。周辺には、伏見桃山城がある。
京料理 清和荘 ◎料理種別-会席料理・鍋もの・松花堂弁当●おすすめコース(PM12:00~PM1:30入店、PM6:00~PM7:00入店) ・会席料理   8,640円~  ・松花堂弁当 5,400円    ・各種鍋物  8,640...