華厳寺(鈴虫寺)

内容概要

1723年(享保8)学僧鳳潭上人が最福寺跡地に華厳宗の再興の為に当寺を創建。19世紀初頭臨済宗に改宗。八代目住職 台巌和尚が鈴虫の音に開眼し研究を始め、今では年間5万匹を育て一年中鈴虫の音が絶えない。参拝者にはお茶・菓子が付き僧侶による簡単な法話が聞ける。どんな願いでも一つだけ叶えてくれる草鞋を履いた幸福地蔵が有名。


ホームページ http://www.suzutera.or.jp/
http://www.suzutera.jp(携帯電話用)

【正式名称】
華厳寺(けごんじ)
【通称名称】
鈴虫寺(すずむしでら)
【住所】
西京区松室地家町31
【電話番号】
075-381-3830
【FAX】
075-381-3841
地図表示
交通案内 阪急嵐山線松尾大社駅下車徒歩約10分
市バス 苔寺道下車徒歩約5分
京都バス 苔寺すずむし寺行下車徒歩約3分
駐車場情報 自家用車70台分 有料500円
車椅子による見学 不可 石段80段有り
拝観・開館時間 9:00~16:30
見学所要時間 約45分
休日・休館 なし
料金 大人  500円 
大学生 500円 
高校生 500円 
中学生 300円 
子供  300円
菓子・お茶付き
予約方法 団体のみ予約
備考 市バス 大覚寺行松尾下車徒歩10分

観光ルート情報

松尾大社界隈 松尾大社界隈には、梅津、松尾、葉室という昔からの地名があり、山裾沿いに寺社が散在し、東海自然歩道ともなっている。梅津の梅宮大社と松尾大社は、共に洛西屈指の古社で酒造の神としても...
竹林の里・松尾を訪ねて 山裾を縫うように竹林の美しい松尾の里を歩く。安産の神様・梅宮大社や酒造の神様・松尾大社をはじめ、鈴虫寺として知られる華厳寺や苔寺・西芳寺(要申し込み)、竹の寺と呼ばれる地蔵院な...
京の通称寺をゆく・松尾編 1年中鈴虫が鳴く華厳寺は、別名「鈴虫寺」と呼ばれる。世界文化遺産でもある西芳寺(要申し込み)は、言わずと知れた苔寺。境内を覆う竹林が涼やかな地蔵院は「竹の寺」にふさわしい風景。

周辺情報

西芳寺(苔寺)  山号を洪隠山といい、禅宗に属する。

 この寺の由緒はきわめて古く、奈良時代、聖武天皇の詔により行基(ぎょうき)が開創。平安時代初期には弘法大師も一時住し、鎌倉初期には法然上人...
地蔵院  衣笠山(きぬがさやま)と号する臨済禅宗の寺で、通称、谷の地蔵、又は、竹の寺とも呼ばれている。

 この地には、もと歌人の衣笠内大臣藤原家良(ふじわらのいえよし)の山荘があったが...
浄住寺  葉室山に号し、黄檗(おうばく)宗に属する。

 寺伝によれば、弘仁年間(810~824)嵯峨天皇の勅願によって円仁が開創した。弘長年間(1261~1263)葉室定嗣が西大寺の叡...
西芳寺 奈良時代に行基が開創。1339年(暦応2)に夢窓疎石を迎えて再興。臨済宗。心の字を形どる黄金池を囲む池泉回遊式庭園(史跡・特別名勝)は120余種の苔でおおわれ、幕末に岩倉具視が隠れ住ん...
地蔵院<西京区> 1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆...
谷ヶ堂 最福寺延朗堂 松尾、谷ヶ堂、最福寺開山、延朗上人については、元享釋書、太平記、三井寺続燈記、雨月物語等に詳しく記されている。それによると、上人は、但馬国養父郡に生れ、幼にして父母を喪い、元養...
西芳寺 影向石 庭内にあり、松尾明神降臨の地という。一説に夢窓疎石の説法を松尾明神が岩上に坐して聞いたという。注連縄が張られている。
西芳寺 夢窓疎石坐禅石 単立(臨済系)。夢窓国師ゆかりの坐禅石が庭内に。
西芳寺庭園 西芳寺(苔寺)の庭園は、豪快な三段構成の枯滝石組も、大和絵のような池泉廻遊式の庭園も、すべてが百余種を越える緑苔で覆われた幻想的な静寂の世界。*当寺における「参拝」とは本堂で行...
地蔵院庭園<西京区> 1367年(貞治6)に室町幕府管領の細川頼之が宗鏡禅師を招いて建立した臨済禅の寺院。勧請開山は夢窓国師、本尊は地蔵菩薩である。一休禅師が幼少時を過ごした寺でもある。境内が広く竹林で覆...
染匠 よしかわ 京都には友禅をはじめ、昔から色々な伝統工芸があるが、その中で絞り染めは着物製作の一過程として広く使用されている。こちらではハンカチを使って絞り染めが体験できる。染色経験を積んだ...