梅宮大社(梅宮)

内容概要

橘諸兄の母、橘三千代が酒解神、酒解子神(大山祇、木花咲耶姫)を祭り酒造安全と子孫繁栄を祈願した神社。檀林皇后(嵯峨天皇の后)が井手町から現在地に遷座。皇后は当社に祈願し初めて皇子をもうけたといい、以来子授けの神として信仰され、境内にまたげ石や産砂をうける風習がある。カキツバタの名所。5月3日の「神幸祭」は、朝は子どもみこし16基、午後は神社のみこしが氏子町を練りあるく。
建立:750年頃(奈良時代)

ホームページ http://www.umenomiya.or.jp/

【正式名称】
梅宮大社(うめのみやたいしゃ)
【通称名称】
梅宮(うめのみや)
【住所】
右京区梅津フケノ川町30
【電話番号】
075-861-2730
【FAX】
075-861-7593
地図表示
交通案内 阪急電車嵐山線 松尾大社下車 徒歩約15分
市バス 梅宮大社前下車 徒歩約3分
駐車場情報 バス3台分 無料
自家用車 10台分 無料
5/3、8/30は駐車不可
車椅子による見学 可、要介助
※砂利なので単独では不可
拝観・開館時間 9:00~17:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 無休
料金    一般  団体
大人 550円 450円
小人 350円 300円
20人以上団体割引
6才以下無料
中学生以下大人同伴要
障害者は手帳提示で小人料金
予約方法 大型バスは要予約
備考 受付終了:16:30

観光ルート情報

松尾大社界隈 松尾大社界隈には、梅津、松尾、葉室という昔からの地名があり、山裾沿いに寺社が散在し、東海自然歩道ともなっている。梅津の梅宮大社と松尾大社は、共に洛西屈指の古社で酒造の神としても...
竹林の里・松尾を訪ねて 山裾を縫うように竹林の美しい松尾の里を歩く。安産の神様・梅宮大社や酒造の神様・松尾大社をはじめ、鈴虫寺として知られる華厳寺や苔寺・西芳寺(要申し込み)、竹の寺と呼ばれる地蔵院な...

今月のイベント情報

夏越大祓 平成29年6月30日(金) 18時~
信者や参拝者から寄せられた、人形(ひとがた)を祓い清めます。6月の神苑(9時~17時閉門)では花しょうぶ、アジサイや睡蓮が咲き誇ります。茅の輪はありません。
神苑拝観料:550円

周辺情報

梅宮大社  祭神は酒解神(さかどけのかみ)、大若子神(おおわくこのかみ)、小若子神(こわくこのかみ)、酒解子神(さかどけみこのかみ)の四座、式内神で二十二社に列し、もと官幣中社であった。...
甘酒祭 2月11日、梅宮大社。古来より梅宮は「産宮」とも呼ばれ、農業、産業(特に酒造)、子宝の御利益で知られる。早咲梅に合わせて、甘酒が無料接待される。市バス/梅宮大社前徒歩すぐ。神苑見学有...
梅津六斎念仏 8月最終日曜、梅宮大社。当神社相殿祭神嵯峨天皇の例祭での奉納六斎として行われる。嵯峨天皇祭、子供相撲大会に続き六斎奉納。笛や鉦、太鼓に合わせて、数々の演目が踊られる。盆踊りもあり...
梅宮大社神幸祭 5月3日、梅宮大社。祭典が行なわれた後、16基の子ども神輿が出発する。そのあとで大神輿も出発する。露店も並び、神苑も無料開放される。市バス/梅宮大社前徒歩すぐ。問合先:梅宮大社075-86...
嵯峨天皇祭 8月最終日曜日(年によって変わる)、梅宮大社。祭神、嵯峨天皇を偲んで行なわれる。同天皇は相撲が好きであったことにちなみ、小学生らによる奉納相撲が行われる。梅津六斎保存会の人々によ...
桜祭・雅楽祭 4月第3日曜、梅宮大社。平安時代の梅宮雅楽祭による、古来4月の酉の日に新酒を神に献ずる祭で、その復興を目指し平安雅会の協力により平成8年から行なわれてきた春の大祭。毎年、神苑の八重...
梅産祭 3月第1日曜、梅宮大社。古来より梅宮は「産宮」とも呼ばれ、農業、産業(特に酒造)、子宝、安産の御益で知られる。祭神、酒解子神は木花咲耶姫であり、木花は梅花の雅称であり、古来梅が神...
梅宮大社 影向石 本殿の西側にある。「三石」ともいい、紀州熊野より三羽の烏が飛来し、石と化したと伝える。なお、本殿の東側にある「またげ石」は受胎祈願の石として有名。
梅宮大社庭園 梅宮大社にある庭園。ひなびた趣の漂う境内。美しい檜皮葺きの本殿裏にある回遊式神苑は、梅、八重桜、霧島つつじ、かきつばた、花しょうぶ、あじさいなど次々に咲く季節の花に彩られる。ホ...