カテゴリー一覧

カテゴリー:寺院・神社一覧へ

伏見稲荷大社

ご鎮座は和銅4年(711)とされ、全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。古くは食物・蚕桑あるいは諸願成就の神、中世から近世にかけて商業神・屋敷神へと...

北野天満宮

「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御...

清水寺

北法相宗の本山。西国観音霊場三十三カ所第16番札所。778年(宝亀9)延鎮上人が開山、798年(延暦17)坂上田村麻呂の創建と伝える。音羽山中腹に30近い堂塔伽...

カテゴリー:観光施設一覧へ

寺田屋

寺田屋は伏見の船宿。文久2(1862)年4月23日、薩摩藩急進派有馬新七(1825~62)以下35名が関白九条尚忠(1798~1871)と京都所司代の殺害を計画して集結した。薩...

元離宮二条城

1603年(慶長8)徳川家康が造営、3代家光が増築を行い1626年(寛永3)に現在の規模になる。東西約500メートル、南北約400メートルに塁を築き堀をめぐらす。1...

哲学の道

東山のふもと、左京区・若王子神社から法然院下を銀閣寺に至る疏水べりの小道。約1.5キロ。日本の道百選にも選ばれた。哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけっ...

カテゴリー:年間行事一覧へ

五大力尊仁王会

毎年2月23日、「五大力さん」として親しまれている「五大力尊仁王会」が営まれます。不動明王など五大明王の力を授かり、その化身・五大力菩薩によって国の平...

花の天井特別拝観

平岡八幡宮。江戸時代に描かれた、神殿天井の極彩色の花絵44枚が公開され、個人・団体に係らず説明をしてくれる。また、拝観者には大福茶の無料接待がある。1...

梅花祭

2月25日、北野天満宮。菅原道真公が903年(延喜3)、太宰府で亡くなった日。生前の道真公が梅の花をめでたのに因む。神前で祭礼のほか、境内では上七軒の芸・...

カテゴリー:食事・宿泊・買い物一覧へ

京都錦市場商店街振興組合

天正年間(約400年前)開設されたといわれ、江戸時代魚問屋「錦之店」として栄えた所。現在は錦小路通の寺町から高倉まで東西約400メートルに130軒余の店が並...

京都三条会商店街振興組合

大正3年に油小路~大宮間の72店舗で発足、その後大宮より西へ店が広がり千本までを範囲とするようになる。千本三条には丹波からの鉄道や水運を使って物資が...

竜馬通り商店街振興組合

坂本竜馬であまりにも有名な寺田屋のすぐ東に蓬莱橋がある。この橋の北詰から北上する幅約3メートル程の通りが竜馬通り商店街である。竜馬の経済人としての...

カテゴリー:文化・歴史・自然一覧へ

京の冬の旅

1月中旬~3月中旬、京都市内。京都市、京都市観光協会主催。冬の静寂のひととき、春秋の観光シーズンでは味わえない雰囲気の中で、非公開文化財や史跡を特別...

嵐山

右京区と西京区にまたがり、渡月橋の西にそびえる山。標高381.5メートル。国の史跡名勝。古くから嵐山は歌枕として多くの歌に詠まれているように、春は桜、秋...

広隆寺 木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)

広隆寺にある飛鳥時代作の国宝彫刻。創建当時の本尊と伝えられる。国宝第1号。赤松の一木造で高さ約124cm。右足を左膝に乗せ、右手をそっと頬に当てて思...

カテゴリー:駒札一覧へ

角屋

 島原は、我国最初の廓で、当初は二条柳馬場に開かれ、その後六条三筋町に移転し、さらに寛永18年(1641)にこの地に移された。急な移転騒動が、当時の...

志明院(金光峯寺)

 岩屋山と号し、真言宗単立寺院である。一般に岩屋不動(いわやふどう)と呼ばれている。寺伝によれば、白雉(はくち)元年(650)に役行者(えんのぎょ...

椿寺(地蔵院)

 正しくは昆陽山地蔵院といい、浄土宗の寺である。神亀3年(726)に、行基菩薩が聖武天皇の勅願によって摂津国の昆陽野池のほとりに建立した地蔵院が始...

カテゴリー:観光ルート一覧へ

鞍馬から貴船へ

鞍馬は鞍馬寺の門前町として、また丹波若狭との交通の要衝として古くから開けた所であり、昔ながらのたたずまいを残す町並みには、名物木の芽煮を煮しめる香...

花の寺をめぐる<梅>2A

菅原道真ゆかりの北野天満宮。敷地内に梅苑があり、梅の名所としても知られている。道真の月命日である2月25日には、梅の花を神前に供え、梅花祭が行われる。...

北野界隈

北野界隈きっての景勝地といえば、やはり船岡(ふなおか)山であろう。山上から京都市街を一望にした後、平安京のメインストリート・朱雀大路であった千本通...