観光に自転車を使う

自転車観光を安全に楽しむためのキホン

  • タイプ別自転車&おすすめスタイル
  • 自転車観光を安全に楽しむためのキホン

楽しく自転車観光をする際には、次のことに注意しましょう!

京都市の自転車対策(自転車通行環境など) (PDF 972 KB)

自転車観光を安全に楽しむためのルール

ルール1
自転車は「車道」が原則!

「自転車および歩行者専用」道路標識

歩道と車道の区別があるところでは車道通行が原則となっています。例外として、右図の道路標識で指定された場合は歩道でも徐行は可能です。

ルール2
車道の左側を走ろう。

自転車は、車道の左側に寄って走るルールとなっています。右側通行は禁止です。

ルール3
歩道は歩行者優先です。
車道寄りを徐行を。

自転車が歩道を走る場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止が必要となります。歩行者が多いときは自転車から降りて押して通りましょう。

ルール4
安全ルールを守りましょう。

  • 飲酒運転、二人乗り、並進は禁止です。
  • 交差点では信号厳守と一時停止、そして安全確認が必要です。
  • 夜間はライトを点灯して走りましょう。

ルール5
お子さんにはヘルメットを
着用させましょう。

16歳以上の方が6歳未満のお子さん1人を幼児用座席に乗車させる場合は、お子さんにヘルメットを着用させる必要があります。また、13歳未満のお子さんが自転車に乗る場合も、ヘルメットを着用が必要となります。該当のお子さんとご一緒の際には、気を付けましょう。

駐輪の際には

「違法駐輪エリア」マーク
  • 駐輪の際は、必ず施錠をしましょう。
  • 違法駐輪エリア(右図マーク)に止めると京都市において撤去します。決して駐輪しないようにして下さい。
  • 駅周辺、店舗や民家そばでの駐輪は大変迷惑となりますので、決して駐輪しないようにして下さい。
  • 寺社・施設・店舗に入るときなどで駐輪場がわからない場合は、現地の係員・店員・担当の方に駐輪場所を聞いて下さい。

駐輪場の所在地などについては駐輪場一覧のページをご覧ください。

自転車通行空間

烏丸通(丸太町通〜御池通間)に自転車通行空間ができました。

自転車は原則この部分(自転車通行部分)を通行して下さい。ただし、歩道も徐行して走れます。バスが停車しますし、荷卸し等の車も停車しますので、気を付けて通行してください。



烏丸通(丸太町通~御池通間)に自転車通行空間が整備されています!(pdf934K )

通行規制エリア

規制区間の歩道では、規制時間帯内は自転車に乗って通ることができません。自転車は押して通行しましょう。
▶ 「主要駐輪場マップ」「自転車通行の禁止時間帯」は、こちらから表示、ダウンロードできます。

ページの先頭へ