京都テルサ付近
  京都駅八条口前の烏丸通を南行し、九条通の手前で右折すると城興寺。九条通を東に進み、竹田街道を北へ行くと左手に長増寺(北向不動明王堂(きたむきふどうみょうおうどう))が、街道をはさんで東向かいに京都市南図書館が見えます。東に入り南に向かうと一筋先に九品寺があります。その正面の通りを南進して九条通へ。東へ歩くと左手に長福寺が見え、九条通の斜め向かいには陶化小学校が。小学校より1筋東の路地を南へ入れば新宮神社。九条通をさらに東へ行くと国道24号との交差点に出ます。陸橋南の小道を進むと九条南橋が見え、突き当たって右へ、鴨川に沿うように南へ歩くと在日大韓基督教京都南部教会に。国道24号に戻って南行、松ノ木団地を左に見て右折、1筋目を北に入ると宇賀神社です。札ノ辻(ふだのつじ)を西へ歩いて信号3つ目の北方には京都テルサが見えます。テルサ前を通り抜け、隣接の九条車庫を背に西へ進めば大通寺。大宮通を北へ、九条大宮を右折し近鉄東寺駅へ。駅の西側を高架沿いに北へ辿り、さらに油小路通で左折して北に向かうと伏見稲荷大社御旅所があります。八条通を右折すれば京都駅八条口に戻ります。
 
西国街道
(九条御前交差点)

 京都駅八条口から八条通を西へ、大宮通の陸橋をくぐり2つ目の信号を右折すると六孫王神社、少し先に児水がある不動堂が見えます。壬生(みぶ)通を南へ、東寺を左に見ながら九条通を右折し、「羅城門」バス停を越えたすぐ先に矢取地蔵堂が、その隣の花園児童(街区)公園の中に羅城門跡碑があります。次に九条通を西へ、「九条七本松(くじょうしちほんまつ)」バス停を過ぎたところの交差点を右折、左前方の唐橋小学校を目指します。小学校の北側を左へ曲ると、すぐに西寺公園が見え、ほぼ中央に史跡西寺跡の土壇(どだん)と石碑があります。この公園北側の道を右に折れると公園の北東側に隣接する鎌達稲荷神社の鳥居が。そこから来た道を西に向かい2つ目の交差点を渡り、右に折れ、1分ほどで「西寺旧跡」の石碑が門前に見え、ここが現在の西寺です。御前通を南進し洛陽工業高等学校を過ぎて九条通を渡り、右斜めに走る西国街道へ。西大路通で左に折れしばらく南へ辿ると、十条交差点角の工場敷地内玄関脇に六田杜(むつだのもり)跡碑があります。十条通を東へ、洛南中学校と「落合町(おちあいちょう)」バス停を過ぎるとすぐに菅丞相硯之水(かんじょうしょうすずりのみず)碑)。道路からちょっと奥まって立っているのでご注意を。西大路十条の交差点まで戻ると、南西に「吉祥院天満宮」の大きな看板が見えます。帰りは西大路通を真っ直ぐ北へ、正面にJRの高架が見えれば、そこがJR西大路駅です。

 
 
久世橋西詰に立つ石標
 「久世橋西詰」バス停から出発。歩道橋北側から右斜めに脇道を進み、新幹線高架を越えて酒店の角を右へ。鳥居が見えると蔵王堂光福寺です。高架まで戻り高架下を南へ辿ると綾戸国中神社。さらに南へ、信号を越えて次の角を右に進むと行願寺。来た道を戻り、公園の隣の墓地に行願寺の経文碑があります。国道171号に出て南へ。久世殿城町交差点の手前、ガソリンスタンド脇を右に折れると福田寺に至ります。門には柵がありますが、脇戸より入れます。国道に戻って南へ信号2つ。右手に祐楽寺の看板が見えます。横断歩道を渡って反対側を南へ。東土川交差点を左に折れると、こんもりとした森が倉掛神社です。東へ1つ目の信号を左折、次の信号を右折して桂川堤防まで進んで左折すると、堤防下に菱妻神社の茂みが見えます。堤防をさらに北へ向かうと京都市久世ふれあいセンター、その北に久世ニューリバー公園の遊歩道が続きます。東屋のあたりで西に折れ、1つ目の角を右へ、すぐに左に折れると左に金蔵寺の山門が見えます。その先の角を右に折れると木下神社。西へ西国街道に出て右にまっすぐ歩めば、久世橋西詰に戻ります。