日本最古の土人形のルーツ
伏見人形

稲荷山の土で造った日本最古の土人形で、全国にある土人形の原型といわれています。深草人形、稲荷人形とも呼ばれ、稲荷大社門前で江戸時代の始め頃からつくられました。一説に創始者は鵤幸右衛門(いかるがこうえもん)とされ、また、伏見城築城に参加した深草瓦師が余技につくったともいわれています。
饅頭(まんじゅう)喰い、布袋(ほてい)さま、大夫(たゆう)さん、飾り馬、おきつねさんなど種類が多く、布袋さまは小さいものから順に7体買い揃えると縁起が良いといわれています。

 

山の神のお使い
稲荷大社のきつね

伏見稲荷大社への参道にある土産物店には大小さまざまな狐が売られています。さらに歩くと朱塗りの楼門(ろうもん)があり、その脇には狐が一対置かれています。このほかにも稲穂や宝珠(ほうじゅ)、巻物、鍵などをくわえているものなどがあり、狐は稲荷大神の眷族(けんぞく)として信仰されてきました。神奈備(かんなび)の稲荷大社の峰々を飛び跳ねる狐を白狐と崇拝し神の使者として神前にも据え付けました。

 

神様の天敵が生んだ名物
稲荷名物焼き鳥

稲荷神はもとをたどれば農耕の神様。稲をついばむすずめは天敵。ならば焼いて食べてしまおうということからはじまったといわれています。また、藤原俊成(ふじわらのしゅんぜい)(1114〜1204)は「夕されば野辺の秋風身にしみて うずら鳴くなり深草の里」と詠みましたが、太田南畝(おおたなんぼ)(1749〜1823)は「一つとり、二つとりては焼いて食い うずら無くなる深草の里」と鶉(うずら)の乱獲を皮肉っています。

 

表情豊かな石仏群
五百羅漢(ごひゃくらかん)

石峰寺(せきほうじ)は江戸時代中期(1713)黄檗(おうばく)山万福寺の六世千呆(せんがい)禅師によって禅の道場として創建。竜宮造りの赤い門をくぐり、裏山へ向うと曲がりくねった小道の合間に石仏群が佇んでいます。表情豊かな石仏群は五百羅漢と呼ばれ、釈迦の誕生から涅槃までを表しています。石仏の下絵を描いたのは江戸中期の画家伊藤若冲(じゃくちゅう)。若冲は石峰寺の住職密山(みつさん)和尚の協力を得てここに庵をむすび、十年余りの歳月をかけて描き上げました。

 

元政上人が棗(なつめ)形を考案
深草うちわ

伏見は古くから「くれたけの里」と和歌に詠まれた竹の名産地、街道の名物に掘り立ての筍と深草うちわがありました。この深草うちわは、天正(てんしょう)年間(1573〜1592)に河内利右衛門(かわちりうえもん)が奈良うちわを模して製造し、京や大坂で大流行。寛文(かんぶん)年間(1661〜1673)に瑞光寺の元政上人(げんせいしょうにん)が棗形のうちわを発案し、伏見人形とともに土産として売られました。少し縦長の楕円形、棗形の丸うちわで、高級品として扱われ、妓楼が座敷で持つものだったようです。

 

築城のために招かれた瓦師
深草瓦

名神高速道路の北側の深草瓦町は、豊臣秀吉が伏見城築城の際、播磨の飾磨郡英賀保(しかまぐんあがほ)などから瓦職人を招いて、瓦を焼かせたといわれる里でした。金瓦もこの一帯でつくられたのでしょう。かつてこの付近は上質の粘土が豊富に採れた場所で、宝暦(ほうれき)5年(1755)には瓦を焼く家が18軒もあったといわれています。宝塔寺の本堂の瓦は桃山時代のもので、鬼瓦には深草瓦と銘が記されています。

 

奈良・平安時代の貨幣
皇朝十二銭(こうちょうじゅうにせん)

和同開珎(わどうかいちん)(708年鋳造)から最後の乾元大宝(かんげんたいほう)(958年鋳造)まで、12回改鋳(かいちゅう)されたのでこの名がつきました。これらの銭貨は、奈良時代中期には近畿地方を中心にかなり広く流通しましたが、平安末期には宋の銭貨が広まり、やがてわが国の通貨は宋銭に依存していきます。深草では江戸末期に車塚と呼ばれていた古墳から長年大宝が発見され、車塚古墳は仁明(にんみょう)天皇の陵墓となりました。

 

伏見義民一揆会合の場
真宗院(しんじゅいん)

天明(てんめい)5年(1785)文殊九助(もんじゅくすけ)らが江戸にのぼり、伏見奉行小堀政方(まさみち)の悪政に対し直訴しました。願書は却下されたものの、政方が罷免(ひめん)された事件は世に名高く天明の義民一揆といわれています。政方は賄賂(わいろ)・博打・遊興の限りを尽くし、町民に強要した御用金は十万両にものぼりました。文殊九助を中心に、深草焼(陶器)を製造していた焼塩屋権兵衛をはじめとする人びとは、真宗院で会合し、計画を練りました。

 

伏見城の鬼門
古御香(ふるごこう)

豊臣秀吉は伏見城築城のおり、城の鬼門(きもん)にあたる大亀谷に、御香宮(ごこうのみや)を移転させました。墨染街道に面して石灯籠があり、そこから参道を進むと石の鳥居が見えてきます。広い敷地に小さな社殿が建っており、かつてはここに能舞台や本殿が建ち並んでいたかもしれません。御香宮がここを本社殿としていたのはしばらくの間で、秀吉が亡くなり関ヶ原の合戦の後、徳川家康の天下になると、社殿は再び元の場所に戻されたのです。

 

サルスベリの花咲く庵
清涼院と五郎太

サルスベリの赤い花が咲く清涼院はかつて、伏見城のお花畑山荘の一部でした。天下人となった徳川家康は、ここに寵愛するお亀の方を住まわせ、慶長(けいちょう)5年(1600)年に男子を出産。名を五郎太といい、後に御三家の筆頭となる尾張大納言義直(おわりだいなごんよしなお)です。車止めから境内に入ると端正な庭があり、本堂にはお亀の像と五郎太の青年時代の像が安置されています。このあたりの町名「五郎太町」は、この尾張大納言の幼名に由来しています。

 

曲乗りの妙技
藤森神社の駈馬(かけうま)神事

5月5日に行われる藤森神社の祭礼は深草祭とも呼ばれ、武者行列や駈馬神事でよく知られています。かつては、表参道から直違橋(すじかいばし)通を町内ごとに、北は稲荷榎木橋までを馬で駈けながら曲乗りを披露し、町内の氏子は家の前の桟敷で見物しました。藤下り・手綱くぐり・立乗り・逆乗り・逆立ち・及び馬・一字書などの7種類があり、現在は境内の馬場で曲乗りが演じられます。京都で駈馬神事が行われているのは、洛北の上賀茂神社とここ藤森神社だけです。

 

二つとないおいしい水
不二(ふじ)の水

古くより水の豊かな地としてその名を知られる伏見藤森神社の境内に湧き出る不二の水は、その水質の良さから「二つとない良い水」と称されこの名がついたといわれています。昔は浅く掘られていましたが、昭和60年代にボーリングを行い、地下100メートルの深さから水を汲み上げることに成功。水質も格段に向上し、おいしい水を汲みに訪れる地域の人びとで賑わっています。