醍醐天皇後山科陵(のちのやましなりょう)

醍醐天皇の父は宇多(うだ)天皇、母は藤原胤子(いんし)、菅原道真を登庸した

◎醍醐古道町

  朱雀天皇醍醐陵

朱雀天皇は醍醐寺に帰依し、五重塔などを寄進

◎醍醐御陵東裏町

  赤間薬師(あかまやくし)

藤原時代の作。源平の争乱を避けて赤間関(あかまがせき)(下関市)から移されたという

◎醍醐東裏町

  赤間水(あかますい)

醍醐三水の一つで威独水(いどくすい)ともいう

◎醍醐東裏町

  独鈷水(どっこすい)

中山山腹にあり、醍醐三水の一つ、かつては茶店がありにぎわった

◎醍醐上ノ山町

  桜塚

勧修寺(かじゅうじ)二代長吏(ちょうり)の雅慶僧正(がけいそうじょう)の墓、雅慶は宇多天皇の孫

◎醍醐川久保町

  一言寺(金剛王院)

秘仏の千手観音は願い事を一言だけ叶える

◎醍醐一言寺裏町21 075-571-0011

  平重衡(しげひら)の墓

旧奈良街道と合場川と交差する東、民家の傍らにひっそりと眠る

◎醍醐外山街道町(そとやまかいどうちょう)

  栢の杜(かやのもり)遺跡

平安〜鎌倉時代に建立された寺院遺跡

◎醍醐柏森町(かしわもりちょう)

 

  合場川(あいばがわ)(阿以波川(あいばがわ))

河畔で平重衡が妻と別れを惜しんだという

  親鸞聖人胞衣(えな)塚

日野誕生院から西すぐにある

  親鸞聖人産湯(うぶゆ)の井戸

日野誕生院から西すぐ、産湯の井戸が残されている

  方丈石

わずか一間(いっけん)四方の庵で鴨長明は『方丈記』を執筆

◎日野南山

  日野家墓

法界寺北にあり、日野一族の数百年を経た石塔数基がある

  地下鉄東西線「醍醐」駅

京都市役所前駅、二条駅など市内中心部と醍醐を結ぶターミナル

◎醍醐高畑町 075-572-9944

  パセオ・ダイゴロー西館

ショッピングセンター・中央図書館・地域体育館など充実した公共複合施設

◎醍醐高畑町30-1
醍醐中央図書館 075-575-2584 時間/10:00〜20:30(土曜・日祝は10:00〜17:00)休館/火曜
醍醐地域体育館 075-575-2532 利用/有料 時間/9:00〜21:00

  醍醐総合庁舎

伏見区役所醍醐支所・醍醐消防分署など住民サービスの拠点

◎醍醐大構町28 075-571-0003(代)

  山科川

櫃川(ひつかわ)とも呼ばれ、平安時代の和歌にも詠まれた川

  石田杜(いわたのもり)

万葉集に詠まれた歌枕の地、天穂日命神社がある

◎石田森西

  苗塚(なえづか)

石田の杜、天穂日命神社付近にある

◎石田森西

  櫃川(ひつかわ)の橋

山科川にかかる橋、平安時代の和歌に詠まれたのはこのあたりか・・・

  余熱利用センター

ゴミ焼却時に出る余熱エネルギーを利用した温水プール・老人保養センター・図書館がある

◎石田西ノ坪1-2
温水プール
 075-571-3100 利用時間/9:00〜12:00/13:30〜16:30 休所日/月曜日、祝日の翌日
図書館 075-572-0700

  明智藪(あけちやぶ)

天王山で破れ坂本城へ戻る途中この地で光秀は落命

◎小栗栖小坂町

  明智塚(あけちづか)

明智光秀の胴体を埋めたとされる

◎山科区勧修寺御所ノ内町

  小栗栖瓦窯跡(がようせき)

法琳寺の瓦を焼くために造られたもの

◎小栗栖北谷町

  子安地蔵

日本三体地蔵のひとつといわれ、安産の御利益がある

◎小栗栖宮山

  杖の水

弘法大師が杖の先で掘ると湧き出たといわれる

◎小栗栖石川町

  つぶれ坂

本経寺(ほんきょうじ)に至る道、いつもぬかるんでいるからこの名がついた

◎小栗栖宮山