小栗栖界わい

 山科川を隔てた西にひろがる丘陵

 小栗栖は山麓の平坦地を意味する大和言葉「くるす」に由来、
 鎌足の子定恵(じょうえ)が建立の法琳寺(ほうりんじ)跡があるほか、
 光秀はこの地で落命した。

※地図上の赤で標記されている施設名か、地図の下の施設名をクリックすると、
当該施設の詳細情報を見ることができます。※
小栗栖街道 明智藪 明智塚 小栗栖瓦窯跡・法琳寺跡 子安地蔵 杖の水 つぶれ坂 地下鉄東西線「醍醐」駅 勧修寺 山科 桜塚 醍醐寺 醍醐総合庁舎
明智薮 法琳寺跡
京都市歴史資料館ホームページ「京都のいしぶみ」の個別ページにリンクします。上記以外の石碑情報についてはこちらを御覧ください。