今日の京都観光

印刷する

KANSAIウオーク2...

  • 平成26年11月29日(土) <雨...

ギオンコーナー

  • 平成25年12月1日(日)~平成26...

京都・山科 毘沙門堂 ...

  • 平成26年11月15日(土)~30日(...

感動!やましな まちバル

  • 平成26年11月15日(土)~30日(...

地下鉄で巡ろう!世界遺...

  • 平成26年11月15日(土)~12月7...

全160コースのミニツアー...

  • 平成26年9月6日(土)~12月14...

絵描き村と学校―衣笠に伝...

  • 平成26年10月3日(金)~12月16...

第2回 東山フォトコンテ...

  • 平成26年11月4日(火)~12月25...

トロッコ列車 運転開始

  • 平成26年3月1日(土)~12月29...

嵐山グルメぐりクーポン

  • 平成26年4月1日(火)~平成27...

Japan Highl...

  • 平成26年10月1日(水)~平成27...

京都ハンナリーズ201...

  • 平成26年10月4日(土)~平成27...

イベント一覧へ

《菊花展》

期間

平成26年10月13日(月・祝...

会場 西本願寺 泉涌寺 京都府...

イベント一覧へ

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

平成26年9月30日(火)~11月30日(日)

19世紀後半から20世紀にかけて、西洋では日本美術が大流行し、ジャポニスムという現象が生まれました。モネ作『ラ・ジャポネーズ』をはじめ、絵画、版画、素描、写真、工芸など約150点を紹介します。

没後20年 ドアノーのパリ ROBERT DOISNEAU展

平成26年9月13日(土)~11月30日(日)

ロベール・ドアノーのサイン入りオリジナルプリント約60点の作品を「子供達」「恋人」「酒場」「街路」「芸術家」の5つのテーマに分けて展覧します。

特別企画展 京都画壇の巨星たちⅡ -文化勲章受章者による日本画-

平成26年10月17日(金)~11月30日(日)

大正、昭和の京都画壇で活躍し、さらに文化勲章も受章した上村松園、西山翠嶂、福田平八郎、徳岡神泉、山口華楊、堂本印象の6人の日本画作品を展観します。
★同時開催展 青年印象の意外な視線・・・。

特別展示「桃山の茶陶-備前と信楽-」

平成26年7月12日(土)~11月30日(日)

京都市の有形文化財に指定された中京区弁慶石町出土品を中心に、桃山時代の茶陶を展示します。

企画展 年中行事十二ヶ月 前期 ~平安貴族の一年 秋・冬~

平成26年6月7日(土)~12月1日(月)

平安時代の貴族のくらしは、年中行事と深くかかわっていました。そのため、日記や古典文学にも多く登場します。この展示では、一年を前期と後期に分け、様々な 年中行事を紹介します。

2014年 秋季特別展 茶道具取合展「秋更の茶」

平成26年9月12日(金)~12月7日(日)

実業家で茶人であった北村謹次郎(1904 -1991)の還暦の茶事における薄茶席を再現した取り合わせ展をお楽しみください。

宗入生誕350年記念 秋期特別展
元禄を駆け抜けた雁金屋の従兄弟ども「樂家五代宗入と尾形乾山」

平成26年9月12日(金)~12月7日(日)

樂家に養子に入った宗入は、尾形乾山と従兄弟にあたります。華麗な乾山陶と侘びた宗入茶碗、二人の作品の対峙を通して、その中に流れる元禄という時代の精神、そこに標したそれぞれの表現の有り様と生き様を浮かび上がらせます。

特別展「屏風で楽しむ京・名・物」

平成26年10月25日(土)~12月7日(日)

花の都京都で親しまれた江戸時代の屏風と絵巻の数々を紹介します。人々の暮らしや身近な自然、なじみ深い和歌や物語の世界など、大きな屏風や小さな絵巻に描かれた四季の京都をお楽しみください。

秋季特別展 大名道具の世界 -茶の湯と能楽-

平成26年10月21日(火)~12月7日(日)

大名道具とは江戸時代の大名家に伝わった絵画、武器や武具、調度品などのこと。同展では、茶の湯と能楽に関わる道具を中心に、豪華で気品に満ちた品々を展示します。大名の栄華の世界をご堪能ください。

野口久光 シネマ・グラフィックス
魅惑のヨーロッパ映画ポスター展

平成26年10月7日(火)~12月7日(日)

戦前・戦後の映画黄金期に、映画ポスターデザイナーとして第一線で活躍した野口久光。多彩な彼の作品から、当時のヨーロッパ映画の薫りをご堪能ください。

開館35周年記念 秋季特別展 「茶の湯の名碗」

平成26年10月10日(金)~12月7日(日) ※祝日と12月1日は開館 

名碗と呼ばれてきた茶碗にはその美しさや個性に加え、現在まで伝わってきた伝来やそれにまつわる逸話も残っています。茶の湯の用と美を凝縮した茶碗の魅力をお楽しみください。

京焼・清水焼伝統工芸士会作陶展

平成26年11月7日(金)~12月14日(日)

京焼・清水焼伝統工芸士会40周年を記念して開催。約35点の京焼・清水焼作品を展示します。伝統を引き継ぎ熟練した匠の技の集大成をご観覧ください。

古田織部と京・堺の茶人たち

平成26年9月6日(土)~12月14日(日) 

「針屋(はりや)釜」で有名な針屋家ほか堺の津田家(天王寺屋)ゆかりの品を古田織部に関する茶道具と共に50点展示。
★11月15日からライトアップ併催 ※11月15日~12月14日は9:30~21:00(入館は20:30まで)

琳派400年記念事業 小谷元彦展/ギャラリー北・南

平成26年11月11日(火)~12月14日(日)

京都出身で世界的に活躍する現代美術家・小谷元彦による個展。

神尾勇治コレクション 仙厓と鍋島-美と向き合う、美を愉しむ-

平成26年10月4日(土)~12月14日(日)

九州という土地で育まれた、画僧 仙厓の書画と、磁器 鍋島の名品を紹介します。美の持つ緊張感、面白さを語り続けてきた魅力溢れる作品の数々をご堪能下さい。

秋季展「竹田人形と人形達№2」展

平成26年9月20日(土)~12月14日(日)

動きのある武者姿の竹田人形(歌舞伎人形のルーツ) と共に、大小の御所人形、浮世人形、おもと人形、鴻巣人形、嵯峨人形、賀茂人形、からくり人形、全国の郷土人形を展示します。

秋季特別展「並河七宝と下画」

平成26年9月6日(土)~12月14日(日)

明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。七宝と下画を通して、花鳥風月の世界をお楽しみください。

紅葉谷庭園ライトアップ

平成26年11月15日(土)~12月14日(日) 17:30~21:00(受付は20:30まで)

千五百坪にも及ぶ広大な池を中心に幻想の世界

秋季企画展 十代浄雪と奥平了保

平成26年9月6日(土)~12月23日(火・祝) 

江戸時代後期に活躍した十代浄雪とその弟・奥平了保の作品を一堂に紹介します。歴代きっての学者肌であった浄雪が書き残した文書のひとつ浄雪『名物釜由緒聞伝控』はじめ、制作に使用された紙形・木型などもあわせてご覧いただきます。

おじゃる丸と学ぶ!王朝びとのくらし大発見

平成26年9月30日(火)~12月24日(水) ※12月8日、15日は開館

テレビアニメの「おじゃる丸」と登場キャラクターたちが日本の平安時代をナビゲート!さまざまな展示品やパネルを通じて当時の人々の暮らしや文化を学びます。
※京都・嵐山花灯路の期間(12月12日~21日)は夜間開館します。(20時30分まで)

2014 年 秋・冬の特別展
龍馬、高杉、武市・・・「日本を変えた男たち」

平成26年9月10日(水)~12月26日(金)

京都養正社から寄贈された資料を中心に、坂本龍馬、高杉晋作、武市半平太はじめ、新しい日本をつくるために奔走した志士たちの足跡をたどります。龍馬直筆の書状など見どころ満載。

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック-香りと装いの美 ~アール・デコの香水瓶と化粧小物~

平成26年11月29日(土)~12月26日(金)

世界有数のガラス・コレクションを誇る長野県諏訪市の北澤美術館所蔵の作品から、ラリックが制作した数々の香水瓶に焦点をあて、化粧小物やアクセサリー、パフュームランプと共に展示します(約160点)。

英国叙景 -ルーシー・リーと民芸の作家たち-

平成26年10月11日(土)~平成27年1月4日(日) ※休館日 12月26日~1月2日  12月1日・8日は開館

陶芸家ルーシー・リーとバーナード・リーチの作品を中心に、民芸運動の担い手たちの英国像が映しだされた作品群も紹介します。
《関連展示 版画集『蘭花譜』》 

漫画家生活50周年記念 青池保子華麗なる原画の世界~「エロイカ」から「ファルコ」まで~

平成26年11月1日(土)~平成27年2月1日(日) ※休館日 12月29日~1月3日

シリアスな歴史ロマンから、アクションコメディまで、多彩な作品で、少女マンガの新境地を切り開いてきた漫画家・青池保子。総計300点以上の原画が公開されます。

金工鐔の美

平成26年11月22日(土)~平成27年2月15日(日) ※休館日 12月28日~1月2日

幕末・明治における日本の金工作品は世界でも類を見ない完成された美術品です。刀装金具の中でも人気のある鐔。刀装金工の施した掌(たなごころ)芸術をご高覧ください。

「花鳥画展」 室町・桃山・江戸 中国明時代宮廷画壇の名品

平成26年10月4日(土)~平成27年3月22日(日) ※休館日 12月27日~1月5日

長谷川等伯筆「竹林猿猴図屏風(重文)」をはじめ、室町時代から江戸時代まで、華麗な花鳥図を描いた中国明時代宮廷画壇の名品を展示します。

2014 サッカーワールドカップブラジル開催記念 特別企画
「ブラジルと仏教展 一番遠くて近い国」

平成26年6月10日(火)~平成29年2月1日(水)

第一回移民船・笠戸丸によって伝えられた仏教は、「日系人の仏教」から「ブラジル人の仏教」へと広がり、人々の心を照らしています。ブラジル日系移民=ブラジル仏教伝来 106 年。その軌跡と現在をご覧ください。

イベント一覧へ

ALTI芸術劇場Vol.19
ベートーヴェンピアノ協奏曲全曲演奏会

平成26年11月29日(土) <雨天決行>
受付時間:スペシャルコース 午前9時~午前10時 ファミリーコース 午前10時~午前11時
ゴール受付時間:午後1時から午後4時まで

京都市立芸術大学共同プロジェクト
京芸が誇るピアノ教授陣5人によるリレーコンサート
プレトーク(13:00~)
ゲスト:大嶋義実、山本毅(いずれも京都市立芸術大学教授)

よしもと祇園花月 本公演

平成25年12月1日(日)~平成26年11月30日(日)

豪華出演者による漫才・落語等と京都オリジナルな「祇園吉本新喜劇」の「本公演」を毎日上演。祇園ならではのええとこどりのお笑いと風情が楽しめる110分!

ノンバーバルパフォーマンス「ギア-GEAR-」

平成26年11月15日(土)~30日(日) 午後5時30分~8時30分

言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、75分100席限定の衝撃体験。

イベント一覧へ

花だより

京都市内の花の見頃・みどころ・開花状況を案内しています。お出かけの参考にご覧ください。

花名 社寺名 11月27日現在
ツワブキ 圓徳院 見頃過ぎ
山茶花 三千院 見頃
寂光院 見頃
源光庵 見頃
龍安寺 見頃
善峯寺 見頃
城南宮 見頃
千両・万両 実光院 見頃
詩仙堂 見頃
大徳寺高桐院 見頃
青蓮院 見頃
三千院 見頃
不断桜 実光院 咲いている
妙蓮寺 咲いている

紅葉だより

京都の紅葉の見頃を案内しています。お出かけの参考にご覧ください。

11月27日現在見頃のもみじ

洛北 三千院   実相院   瑠璃光院   蓮華寺   曼殊院   圓光寺   圓通寺   しょうざん   府立植物園  
洛東 哲学の道   白沙村荘   金戒光明寺   法然院   霊鑑寺   光雲寺   南禅寺   平安神宮   無鄰菴   長楽寺   正伝永源院   高台寺   清水寺   地主神社   東福寺  
洛中 梅小路公園   渉成園   宝鏡寺   北野天満宮  
洛西 神護寺   高山寺   金閣寺   等持院   龍安寺   妙心寺大法院   嵐山   大覚寺   直指庵   宝筐院   常寂光寺   天龍寺   地蔵院(竹の寺)   大原野神社  
洛南 毘沙門堂   醍醐寺   隨心院   城南宮  
京都市近郊 平等院   宇治三室戸寺   長岡京市光明寺  

詳細はもみじだよりに掲載しています。

バナー広告掲載について